明日、私は誰かのカノジョ|再放送日と見逃し動画で1話から一気見する方法【明日カノ】

2022年4月12日の深夜ドラマイズム枠で放送が開始される「明日、私は誰かのカノジョ」。略して「明日カノ」。

吉川愛さんや齊藤なぎささん、宇垣美里さんといった、5人の美人女性が各章で主人公となり物語が進むという、この春非常に注目されているドラマです。

この記事では、2022年春ドラマの中でも最も注目されているこちらのドラマの、放送日時と再放送の日程に加え、無料で一気見するための方法を紹介していきます。

『明日、私は誰かのカノジョ』は「Paravi(パラビ)」にて見逃し配信があります。

Paraviには14日間の無料期間があり、ドラマ「明日、私は誰かのカノジョ」の他にも、TBSテレビ系のドラマやバラエティ、アニメ、映画など幅広いジャンルの動画が見放題になる、とってもお得な動画配信サイトなのです。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 公式サイト 
2週間無料 Paravi

『明日、私は誰かのカノジョ』は放送後1週間以内であれば、Tverで無料で動画を視聴することができます。ところが、「放送から1週間以上経ってしまった・・」という場合はParaviの無料トライアルを利用して『明日、私は誰かのカノジョ』を視聴しましょう。

 

\Paraviで独占配信/

 

2週間以内の解約で無料で視聴できます

話数 全10話予定
放送年 2022年
制作著作 TBSテレビ
放送局 TBSテレビ
原作 をのひなお先生
監督 酒井麻衣
脚本 三浦希紗
川原杏奈
イ・ナウォン
キャスト 雪 – 吉川愛
リナ – 横田真悠
ゆあ – 齊藤なぎさ(=LOVE)
萌 – 箭内夢菜
彩 – 宇垣美里
外部リンク 公式サイト/Wikipedia/公式Twitter

あらすじ:登場人物たちのリアルな心理描写は話題を呼び、『明日カノ』の世界観に共感する読者が続出、一度ハマったら抜け出せないと超話題の漫画「明日、私は誰かのカノジョ」がついに実写ドラマ化!
一週間に一回誰かの彼女になるレンタル彼女として日々お金を稼ぐ「雪」。
埋められない孤独を抱え、寂しさを男で紛らわす「リナ」。
見た目に固執し、整形を繰り返す30代女子「彩」。
周りに流されず、“自分”を持っていると語る「萌」。
自由を求め上京し、夜の街で“今”を生きる「ゆあ」。
様々な思いを持つ5人の女性たちが各章で主人公となり物語が進む。それぞれにコンプレックスや悩みを抱え、もがきながらもそれを克服しようとした先にあるものとは─。

引用元:公式サイト

目次

ドラマ『明日、私は誰かのカノジョ』の地上波での放送日時

『明日、私は誰かのカノジョ』の放送日時はこちらです。

番組名 明日、私は誰かのカノジョ
放送開始日 2022年4月12日(火)スタート
放送時間 深夜帯(ドラマイズム)
局系列 TBSテレビ系列

マンガアプリ「サイコミ」でランキング一位をキープし続ける大人気作「明日、私は誰かのカノジョ」の実写ドラマ化。5人の女性が登場しますが、中でも注目したいのがアナウンサー時代にコスプレなどを披露し一躍有名になった宇垣美里さんです。

こうしたエピソードの重なり合うストーリーは、見ていてとても印象に残りやすいもの。今からとっても楽しみなドラマです。

ドラマ『明日、私は誰かのカノジョ』の再放送の日程を調査

『明日、私は誰かのカノジョ』のスペシャルドラマの再放送の日程を、地方放送局を含めて調査してみました。その結果がこちらです。(地方局はTBSテレビ系列のテレビ局に絞っています)

北海道・東北地方

テレビ局 再放送日程
北海道テレビ ×
青森放送 ×
岩手放送 ×
テレビユー山形 ×
東北放送 ×
テレビユー福島 ×

関東・中部地方

テレビ局 再放送日程
東京放送 ×
テレビ山梨 ×
信越放送 ×
新潟放送 ×
チューリップテレビ ×
北陸放送 ×
静岡放送 ×
中部日本放送 ×

近畿・中国・四国地方

テレビ局 再放送日程
毎日放送 ×
山陽放送 ×
中国放送 ×
山陰放送 ×
テレビ山口 ×
毎日放送 ×
テレビ高知 ×
山陽放送 ×
あいテレビ ×

九州・沖縄地方

テレビ局 再放送日程
RKB毎日放送 ×
RKB毎日放送 ×
長崎放送 ×
熊本放送 ×
大分放送 ×
宮崎放送 ×
南日本放送 ×
琉球放送 ×

以上のように、放送開始前の現在、まだ地上波による再放送の日程は決まっていません。では見逃してしまった場合に、どのように番組を視聴したらよいのか。その方法を次にご紹介します。

ドラマ『明日、私は誰かのカノジョ』の見逃しを無料視聴できる配信サービス・サイトまとめ

『明日、私は誰かのカノジョ』を視聴することができる配信サービスを一覧でまとめました。

配信サイト 配信 月額料金 無料期間
U-NEXT × 2,189円(税込) 31日間
hulu × 1,026円(税込) 14日間
Amazon × 500円(税込) 30日間
FOD × 976円(税込) 2週間
TSUTAYA TV × 2,052円(税込) 30日間
dTV × 550円(税込) 31日間
AbemaTV × 960円(税込) 2週間
music.jp × 1958円(税込) 30日間
TELASA × 618円(税込) 15日間
Paravi ◯:独占配信 1,017円(税込) 14日間
Netflix × 990円(税込) なし
◯:無料で観れる(ポイント・チケット含)
△:随時課金が必要
×:視聴不可
放送後の配信スケジュール

『明日、私は誰かのカノジョ』の動画はParaviにて見放題配信中となります。また、放送されて1週間以内であれば、GYAO!、Tverのサイトで登録不要かつ無料で視聴することができます。見逃し配信は次のようなスケジュールで放送されます。

配信サイト 配信のタイミング
Paravi 放送後~
TVer 放送後1週間
GYAO! 放送後1週間

番組が放送後1週間を経過してしまうと、TVerとGYAO!での視聴が出来なくなります。是非この機会にParaviで『明日、私は誰かのカノジョ』を視聴しましょう!

Paraviで『明日、私は誰かのカノジョ』の見逃し配信を無料で見る方法

Paraviは「東京放送ホールディングス」「WOWOW」「日本経済新聞社」「電通」「博報堂DYメディアパートナーズ」「テレビ東京ホールディングス」などが運営する動画配信サービスです。そのため俗にいうTBSテレビで放送されるドラマや映画が地上波放送後に見放題で配信されています。今回のドラマ『明日、私は誰かのカノジョ』も見放題のうちの一作品としてで楽しむことができます。

またParaviは次のような方に特に向いている配信サイトです。

①ドラマが大好きで何度も見たい!

②地上波だけでなくWOWOW放送にも興味あり

③ダウンロードをしてオフラインで楽しみたい

Paraviは主にTBS放送のドラマやバラエティにおいて、見逃し配信をしてくれる動画サイトです。ドラマのラインナップはかなり充実しています。しかも地上波のみならずWOWOWの放送も取り扱うことが多いため、そういった面においてもお得感が大きな配信サイトです。

もちろんダウンロード機能もついているので、通勤通学の電車の中など、オフラインの状況においても動画を楽しむことができるのもうれしいポイントです。

一方次のような方には不向きな配信サイトであるといえます。

①映画も一緒に楽しみたい方

②毎月のポイントチケットが使いづらいと感じる方

③同時に2つ以上の端末で動画をみたい方

Paraviには現在「映画」の動画配信がありません。そのため「Paraviに登録して映画も一緒に楽しんでしまうぞ~」という方には不向な配信サイトということになってしまいます。Paraviの強みは「ドラマ」です。そこは肝に銘じておきましょう。

また、Paraviを利用すると毎月550ポイントがもらえます。このポイントを使って、見放題以外の通常番組を楽しむことになるわけですが、実はこれには一つだけ落し穴が・・。なんとこの550ポイントは使い切りなのです。どういうことかというと、ポイントで250Ptの配信動画を購入したとします。するとまだ300Ptが残っているはずですが、これはすぐに消滅する設定になっているのです。1回使い切りポイントとして考えるようにしましょう。

同時に2つ以上の端末で動画を再生することも出来ません。同居している家族や彼女さんと相談してみる順番を決めるようにしましょう。

その他Paraviの特徴を表でまとめると次のようになります。

月額料金 1,027円(税込)
無料お試し期間 2週間
作品数 8,000本以上(見放題は500本程)
対応デバイス PC、スマホ・タブレット、テレビなど
ポイント 550Pt/月(使い切りタイプ)
再生速度 「1.0倍速」「1.3倍速」「1.5倍速」「2.0倍速」
DL機能 あり
同時視聴 不可
無料期間中の解約

TBS系列のドラマを扱っているParavi。取扱い作品数は8,000本以上ということでやや控え目な数字でしたが、ドラマに特化をしていることを考えれば、ドラマ好きにはこれだけあれば十分のような気がします。そのうえ料金も月額1,017円(税込)とリーズナブル!

ドラマ『じぞ恋』の動画が見たい場合は、ぜひParaviの無料お試し期間を利用してみてくださいね。

 

TVerで『明日、私は誰かのカノジョ』の見逃し配信を無料で見る方法

TVerは民放テレビ局が運営している動画の配信サービスです。最大の特徴は「無料」であることと「複数のテレビ局の番組を楽しむことができる」という点です。ただし、その期限は基本的に番組の放送終了後1週間に限られるという制約もあります。

ただし、テレビ番組はドラマにしろバラエティにしろ基本的に1週間ごとにリフレッシュしていくものなので、正直「1週間の見放題」というのは必要十分な期間であるといえるのかもしれません。また配信されている動画は、煩わしい会員登録などもありません。サイトを開いてみたい番組を選ぶだけ。誰でも簡単に扱うことができるサービスなのです。

もちろん、ドラマ『明日、私は誰かのカノジョ』も放送終了後1週間楽しむことができます。

GYAO!で『明日、私は誰かのカノジョ』の見逃し配信を無料で見る方法

GYAO!はYahoo!が運営する動画配信サービスです。基本的な仕様はTVerと同じで、利用者の会員登録なし。動画の見放題は、地上波放送後の1週間に限定されるということ。フジテレビなどのドラマも視聴することが可能となっています。

ドラマ『明日、私は誰かのカノジョ』も例外なく、放送終了後1週間楽しむことができます。

明日、私は誰かのカノジョ|全話(1話〜最終話)までのあらすじ

『明日、私は誰かのカノジョ』全話(1話〜最終話)までのあらすじを紹介します。

『明日、私は誰かのカノジョ』1話:4月12日放送

東京で生きる日々。それぞれの葛藤や理想を抱きながら、お金を稼ぐこと、お金を使って誰かと繋がることを求める女性たち―。 19歳の女子大生、雪(吉川愛)もそんな女性の一人だ。彼女はお金と引き換えに、誰かのカノジョを演じる”レンタル彼女“として働いていた。 顔に残る痕を隠しながら・・・。 そんなある日、雪はサラリーマンの辻壮太(楽駆)のカノジョとして、壮太の友人とダブルデートをすることに。 壮太の友人の彼女から嫌味を言われ、嫌な気持ちになりながらも、なんとか笑顔でやり過ごした雪だったが、後日、素顔で外出した際に、壮太と偶然遭遇し、顔の痕を見られてしまう。 雪に好意を抱く壮太は、雪のことが愛おしいと伝えるが…。果たして2人はどうなるのか―。(引用元:公式サイト)

第一話はレンタル彼女のうちの吉川愛さんが全体的に演じていました。「心の闇がふかい~」って感じましたが、この後どのような展開を迎えるのが気になって眠りにつきます・・。『軽蔑する』って言葉がたくさん出てきてちょっと見ていて疲れたのも事実かな。とりあえず次回も見てみます。

いいね~!レンタル彼女最高じゃん。漫画の世界だけでなく実際にあるのかなと思って調べてみたら、似たようなのが意外とあることにびっくりした。笑 実際に利用するのは・・かなり勇気がいるよね。吉川愛ちゃんとデートできるのであれば全然利用するけど。いや・・やっぱり宇垣ちゃんが気になる・・。

楽駆さんとの2回目のデート、なんだかすこしどきどきしちゃった。コンタクトにしたらなんだか長身が際立って「こんなイケメンで男前だったのか~」っていちころにされてしまいました。私だったらレンタル彼氏を使ってみたいものですわ。

オープニングで出てきためちゃくちゃ日村に似た男は一体だれなんだ?ああいう見た目の人がなんだか「不細工代表!」みたいになってきたな~。きっとそのうちまた出てくるんだろう。というかこのドラマ自体はなかなか見続けるのが私にはキツイ。なんだかレンタル彼女に説教されっぱなしな気がして・・。笑

最後のリナって子はヤバすぎないか。ナンパされたチャラ男二人に進んでついていって、おまけに心配してくれている友達に悪態をつく・・こりゃダメだ~見ていらんない。展開が急すぎてついていけないし、なんか心の闇を言葉で表現しまくってみている方は「は~疲れた」って感じ。次回みるかは来週の気分次第としておこう。おやすみ。

『明日、私は誰かのカノジョ』2話:4月19日放送

彼氏が実は既婚者であったことを知り、別れたことで自暴自棄になった雪(吉川愛)の友人のリナ(横田真悠)は、ナンパしてきた2人組の大学生との行為を終えた後、ラブホテルのベッドで横になっていた。どうしても埋まらない孤独。リナは以前から、その孤独を紛らわすために、肉体関係まで持つパパ活をしている。寂しさから、しばらく連絡が途絶えていたパパ活相手の飯田(神尾佑)との関係を再開したリナは、飯田に一番の友だちとして雪を紹介する。そして飯田は、誕生日の近いリナへのプレゼント選びに付き合って欲しい、と雪を誘う。一方でリナは、以前ナンパしてきたうちの1人、雄大(井上想良)と偶然再会する。改めて、雄大とデートをしてみるリナ。誕生日が近づくリナの孤独を埋めてくれるのは…誰?(引用元:公式サイト)

前回友達じゃ埋められない寂しさもある、と雪ちゃんに言い残し男性とホテルに行ってしまったリナちゃんのことが心配でしたが、寂しさを誰かと一緒にいることで埋めるしかないという彼女の孤独が深すぎて見ていてちょっとしんどかったです。リナちゃんが友達だと思っていた雪ちゃんの知らない一面も知ってしまうことでどんどん孤独感を感じてしまうところも伝わってきました。一緒に勢いで遊んだ男性と偶然再会してイルミネーションを見るデートをしていましたが、ちゃんと終電前に帰る相手の雄大くんのチャラさとのギャップに驚きました。このままリナちゃんと雄大くんが本当の彼氏になるのかなと思いましたが、そこはうまくいかなそうですね…。

第2話では、横田真悠さん演じるリナの活躍に期待して観るとドラマが面白くなってくると思いました。彼氏が実は既婚者であったことを知ってしまい、とても残念に感じてしまいました。別れてしまうことになり、今後、どのように恋愛をしていくことができるのか気になりました。トラウマにならないように頑張ってほしいです。リナは、どんな男性に好意を持っていくことができるのか、自分の幸せについて考えて行動していけると良いなあと思いました。

1話とは種類の違う切なさに胸がどうしようもなく痛くなりました。誰もでも寝られるとは言いつつも、本音は誰かの1番になりたいリナちゃんの気持ちが、とても切実で印象に強く残りました。繋ぎ止めていたはずのバパ活相手も、大事な時に限って仕事を持ち出してくる始末とあって、本当に不憫で仕方ないです。だから、まるでプラトニックのようなデートのドキドキ感に胸が高鳴り、このまま体以外の結び付きを覚えていって欲しいなと思いました。

心から信頼して、それでいて尊敬していたはずのユキちゃんに裏切られていたと、リナちゃんが捉えても致し方ないと思います。言うならば嘘をつかれていたも同然であり、ショックの度合いは相当大きいものに違いありません。このことがきっかけで関係にヒビが入ってギクシャクする展開が容易に思い浮かび、早くも辛くなってしまいました。前回のユキちゃん視点とはまた趣向を変えたドラマツルギーに、すっかり見入ってしまいました。

リナちゃんが席を外したタイミングを狙って、雪ちゃんの連絡先をしれっと聞き出したリナちゃんのパパ活相手のイヤらしさに嫌悪感を抱かざるを得なかったです。見るからに下心丸出しで、サプライズ用のプレゼント選びと殊勝なことをのたまっておいて、その実不埒なことを思い描いていたに違いありません。嫌悪と怒りがない混ぜになり、こんな不誠実な男なんてスパッと切り捨ててやればいいのになと投げやりな気持ちになってしまいました。

『明日、私は誰かのカノジョ』3話:4月26日放送

サークル仲間からの情報で、雪(吉川愛)が風俗のような仕事をしていることを知ったリナ(横田真悠)は、友達なのに隠し事をされていたと、雪に不信感を抱く。一方で、飯田(神尾佑)の誘いを受け、一緒にリナのプレゼントを買いに来ていた雪は、飯田から関係を持つよう誘われる。きっぱりと断る雪に、飯田はリナとの関係も終わらせることを告げる。雪とは距離を置き、飯田との関係も切れ、孤独を深めるリナ。そんなリナがすがったのは…雄大だった。リナと会った雄大は事情を聞いて、雪と仲直りするようリナを促す。意を決して雪に会うリナ。その時、雪も心に決めていたことがあった。雪との友情、雄大との恋、リナの未来は果たして―。(引用元:公式サイト)

飯田さんは明らかに雪ちゃんを狙っているというのは、前回の時点で嫌というほど分かっていたけれど、それにしたって金額を上乗せしてまで手に入れようとする意地汚さにゾッとしてしまいました。雪ちゃんがリナちゃんに黙っていることも見越した上での発言とあって、尚更タチが悪いとしか言いようがなかったです。もっとも、そんなことでは引き裂かれなかった雪ちゃんとリナちゃんの友情に、大変胸を熱くさせられて、結果的には良かったなと思いました。

無性に腹が立って仕方がなかったのは、飯田さんと言うほかありません。とても褒められた関係性じゃなかったとはいえ、リナちゃんは本気で飯田さんのことを想っていたのに、それをいとも容易く切り捨てるなんて、ありえないと思いました。かわいい女の子だったら誰でもいいみたいな発言かまして、リナちゃんを切り捨てた後は自分の欲望を満たしていく、性欲の化け物にしか見えなかったです。ある意味では、そんな男と別れられたリナちゃんは救われたのかもしれません。

とにもかくにも、雪ちゃんとリナちゃんが拗れずに持ち直してくれたことが嬉しくて仕方がなかったです。一時はどうなることかと気を揉んでいたけれど、ちゃんと向き合って話してくれて良かったなと思いました。もっとも、後押ししてくれたのは雄大くんの言葉であるため、心底雄大くんには感謝せざるを得ません。正直なところ、私個人としては、すっかり雄大くんに首ったけです。彼女に昇格した途端に合コン話に乗らなくなるあたり、凄く誠実なのだろうと好感度爆上がりでした。

個人的には、雄大くんの偉大さに感服せざるを得ません。感情的になって主観的にしか物事が見えていなかったリナちゃんを諭しながら客観的に物事を見据えていたのが本当に素敵としか言いようがなかったです。まさしく傍目八目とはこのことであり、リナちゃんにとって雄大くんの存在は欠かせないものになっていくのは容易に想像できました。体だけじゃない、心から繋がっていたいと思える相手を見つけられたことは、リナちゃんを変えてくれる気がします。

出会い方はナンパだったしその日に3人での行為に及んだけれど、リナさんが雪さんへ抱いている不満や怒りも全部聞いた上で、パパ活で体の関係があったことをリナは伝えていたの?とリナさん側にも雪さん側にも立った冷静なアドバイスをしてくれた、懐の深い雄大さんと正式に付き合うことになったと安心したのもつかの間、次の休みに温泉へ行こうと誘われて、リナさんが真っ先に考えたことは完璧に着飾った自分を見せることで、もう心が満たされるだけでは駄目なのかなと悲しくなってしまいました。

『明日、私は誰かのカノジョ』4話:5月3日放送

35歳になる彩(宇垣美里)は、整形を繰り返し、20代とサバを読み、光晴(福山翔大)と付き合っている。そして職業も偽り、実は、雪(吉川愛)と同じ店でレンタル彼女の仕事をしている。彩は異常なほど、見た目の美しさを追求し、内心では客や周りの女性の見た目をけなしながら、整形費用を稼ぐために仕事を続けているのだった。一方、雪のもとには、メイクに興味があるという翼(ゆうたろう)から、一緒にコスメを選んで欲しいという予約が入る。翼は、親身に買い物に付き合い、話を聞いてくれた雪に心を許す。
光晴との結婚に揺れる彩。結婚するまでに済ませたい整形に必要な金額を計算すると…お金が足りない!お金を求めて彼女が頼ったのは…?嘘に嘘を重ね、自らの美を追求する彩の幸せとは…?(引用元:公式サイト)

少なくとも、彼女に対して他の女の人と比較して、ましてや他の女の人のことを見習ってくれとばかりに褒めちぎってしまうなんて、つくづく光晴さんには呆れるほかなかったです。とりわね、手料理を散々褒めていたけれど、出された物全部誰にでも作れるレベルの物だったし、その上体のことを全く考えられていない胃もたれ&胸焼け必至の酷いメニューだったし、よくもまあそれを手放しで褒められたものだなと、色々気になるところが山積みでした。

後半部分の衝撃に言葉を失ってしまいました。彼氏さんの友達夫婦の家にお呼ばれしたシーンが頭から離れません。自分の場合、彩さん側の気持ちの方がよっぽど理解できるなと思いました。正直なところ、唐揚げにチャーハン、そんな脂ぎっとぎとの料理ばかり食卓に出されたら顔が歪むのも当然としか言いようがありません。あのラインナップでおもてなしができていると思っているのだとしたら、本当に考え方とかが根本的に違う人間なのだろうと思いました。

翼くんが楽しそうにコスメを選んでいる姿が可愛かったです。確かに、リップってティントとかグロスとか種類がたくさんあって最初は何が何だかで戸惑ってしまうものだよなと、自分の学生時代のことを思い出して懐かしくなりました。翼くんが、お目当ての色に出会ってレジに直行しちゃうところが最高に微笑ましかったです。また、それを慈しむかのような温かい眼差しで見ている雪ちゃんも素敵だなと思いました。前半部分はとても心が温まりました。

個人的には、雪ちゃんの優しさが胸に沁みました。たとえそれが偽りの姿であったとしても、クライアントである翼くんを決して傷つけない言葉をかけてあげられるのは本当に凄いことだなと感心せざるを得なかったです。一方で、男女交際ではなく、お友だち感覚であのサービスを利用する人もいるのかと、些か驚きました。これまで、いかがわしいイメージしかなかったけれど、今回の翼くんのおかけですっかりイメージが変わって良くなりました。

それぞれの女性達の、形の違った悩みを描いていくストーリーでしたが今回の彩はかなり特殊な例と言えるかなと思います。共通して思うのは、女性達は自分の心が満たされる為に埋める為に美を得たり愛を求めたりしようとしてもがいているところかなと思います。しかし今回の彩は自分が整形をする為にレンタル彼女で次々と男性達を騙していってお金を巻き上げてるからかなり罪深く感じます。ろくな結末にならない気がしますが見ものです。

『明日、私は誰かのカノジョ』5話:5月10日放送

とうとうレンタル彼女の仕事をしていることが、光晴(福山翔大)にバレてしまった彩(宇垣美里)。そんな彩のもとに、以前雪とコスメの買い物デートをした翼から予約が入る。慣れない化粧をして来た翼のメイクの下手さに、うんざりする彩。しかし、泣きながら可愛くなりたいと言う翼の真っ直ぐな思いに押され、彩はメイクの手ほどきをしてあげる。変身した自分の顔を見て感激する翼。その姿に、初めて整形した時の自分を重ねる彩。
変わらずレンタル彼女の仕事と整形を続ける彩に、光晴は、隠し事をせずに真実を話して欲しいと告げる。光晴を前にした彩はついに―。(引用元:公式サイト)

前回に続き、今回もまた彩さんメインの回になっているため、どうしても雪ちゃんの出番が少なくなってしまうのが寂しかったです。もっとも、今回もまた彩さんの人間性が色濃く出ていて、それはそれで興味をそそられました。きっと、人によっては理解に苦しむような悩みだと思うけれど、私個人としては美に対する異常なまでのこだわりを、真っ向から否定できません。私にも、極端な思考があって、幾度となく自分を縛り付けて苦しんできたため、何となく彩さんの苦しみを理解できました。

翼くんの、純粋な気持ちが私のハートを射止めるのは必然であったと、そう勝手な解釈をしてしまっても何ら不思議ではなかったです。可愛くなりたいという、純度100%の健気な気持ちを心から尊重してあげたいなと思いました。今の時代、女だからとか男だからとか、そういうジェンダーのことで縛り付けるのは古い考えであるため、このドラマでは翼くんを悪しきジェンダー問題から自由にしてあげていることにこの上ないほど感激しています。

個人的に、この前雪ちゃんをご指名した翼くんが再び出てきたことにビックリしました。本音を言うと、また出てきてくれたらいいなと淡い期待を抱いていたため、こんなにも早くその期待が叶えられたことに嬉しさが込み上げたのは言うまでもありません。もっとも、初心者とあってメイクは滅茶苦茶で、見ていてハラハラしてしまう点もありました。しかしながら、そこもまた、見守りつつ応援したくなる魅力として挙げられるかなと思いました。

欲を言ってしまうと、彩さんじゃなくて、雪ちゃんと翼くんの絵面をまた拝みたかったなと思いました。やっぱり、年も近くて中々お似合いな2人に見えていたため、そこだけが今回残念に感じてしまったポイントです。彩さんのことな、別に嫌いではないけれど、感情が露骨に現れでてしまうところがあるから、ちょっとだけ怖く見えてしまいます。もっとも、ある意味では、このドラマに出てくる誰よりも人間臭さがあって、親近感が湧く人物とも言えます。

ぶっちゃけ、彩さんの彼氏さんの立場からしたら、容姿端麗な自慢の彼女がレンタル彼女のバイトをしていると知れば、色々と考え込んでしまうだろうなと、やや彼氏さんの気持ちになって同情せずにはいられなかったです。彩さんは、美醜に尋常ではないレベルでこだわってしまう側面があって、それは致し方ないと一概に全否定することはできないものの、やはり彼氏さんに対してすぐに受け入れるだけの器を期待するのは難しいかなと思いました。

『明日、私は誰かのカノジョ』6話:5月17日放送

レンタル彼女の店をクビになった彩(宇垣美里)は、偶然雪(吉川愛)と会い、2人で居酒屋に行くことに。彼氏も仕事も失ったせいで妙にテンション高く喋り続ける彩は、雪に全てを話し始める。それを聞き、自分の顔の痕のことを打ち明けた雪に、彩は親身なアドバイスを送る。店を出て、砂浜で語り合う2人。彩は、過去を振り返り、自らの思いを話し、自分の信じる生き方を再確認するのだった―。
所は変わって―リナ(横田真悠)のサークル仲間の一人、萌(箭内夢菜)は、自分のルックスや存在に自信が持てずにいたが、自分は周りとは違い“自分”を持っていると思いながら、大学生活を送っていた。萌には、よく通うバーがあり、最近その店で働き始めたのが翼(ゆうたろう)だった。そんな翼に街中で声をかけ、ホストにハマる少女・優愛(齊藤なぎさ)が店にやってくる。優愛と萌は、バーで偶然居合わせて出会い―。(引用元:公式サイト)

仕事も恋人も失った彩と顔の痣にコンプレックスを持つ雪とのお互いの苦悩を通じた暖かな交流ぶりや、自分に自信が持てずどこか屈折した日々を送る萌が優愛との出会いを通してホストクラブへ向かう姿を通して、現代社会が図らずも掛けてくるプレッシャーの中でもがく若い女性たちの奮闘ぶりがポップかつビビッドに綴られており、その切実な様に非常に見応えがありました。現代女性の声を視聴者にダイレクトに伝える、リアルで切ない上質の群像劇に仕上がっていたと思います。彩に扮した宇垣美里の、全てを無くした後のどこか弾けた様を演じる、味のある演技が印象的でした。

今回から出てきた優愛ちゃんが、ファッションとかメイク丸ごと全部地雷系女子の典型だったため、個人的にドストライクな見た目だなと、一瞬でハートを撃ち抜かれた気分です。= LOVEのことは、正直名前を朧気に記憶していたくらいで詳しいことはあんまり知らなかったけれど、思わぬところで推しを発見してしまったような喜びをありがたく噛み締めている次第です。もっとも、ホスト狂いなのは危なっかしくて気が気じゃありません。

ほとんど強引といった具合で彩さんに付き合わされているにもかかわらず、別段嫌な顔をするでもなく、一方的に話し続ける彩さんにちゃんと付き合ってくれる雪ちゃんの優しさに胸うたれました。それだけでももう株は爆上がりなのに、そこにきてアドバイスまでしてくれるなんて、控えめに言っても人間の鑑です。個人的に、このドラマで雪ちゃん以上に好きになれる登場人物はいません。いっそ、私が大枚をはたいて雪ちゃんをレンタルしたいくらいなものです。

完全に自業自得による結果とは言え、クビになってヤケになっている状態の彩さんが痛々しくて見ていられなかったです。また、それに付き合わされる雪ちゃんも可哀想だなと半ば同情するような気持ちにならざるを得なかったです。やはり、一時の感情に任せて他人を巻き込むのは、とても褒められたものではありません。少なくとも、30超えたそこそこいい歳の人間がやるべきことではないのは自明の理です。反省すべきポイントが彩さんには多過ぎるなと思いました。

雪さんから顔に傷があると聞いた彩さんは、そりゃ大変だわ?と言った後に、納得するまでカウンセリング受けた方がいいよ!と自分の体験談を交えながら、上からでも下からでもなく横に並んで話してくれているのが伝わって来て、リナさんに素顔を見せようと雪さんが勇気を振り絞ったのも、こんな関係性になりたかったからだろうなと、もう叶うことがないからなおさら切なくなって、なのにリナさんの方は雪さんとの仲が深まったと思ったままな点もリアリティーを感じました。

『明日、私は誰かのカノジョ』7話:5月24日放送

優愛(齊藤なぎさ)に誘われ、初めてホストクラブに来た萌(箭内夢菜)。慣れた様子で過ごす優愛をよそに、萌は初めてのホストクラブに馴染めず、居心地の悪さを感じていた。そこに現れたのが、ホストの楓(高野洸)。萌は楓に他のホストとは違う雰囲気を感じ、少しリラックスした時間を過ごせた。一方、優愛は自分の担当するホストのハルヒ(藤原樹)を被り客の女性が指名していたことを気にし、ハルヒと険悪なムードになっていた。少し満足した気持ちで行きつけのバーへ帰る萌と、自宅で仕事終わりのハルヒを待つ優愛…ホストを巡る2人の新たなストーリーが始まろうとしていた…。(引用元:公式サイト)

もう少し雪の登場を見たいところですがこのドラマでは色んな女の子がそれぞれの悩みを抱えながら生きていくところを描くのが楽しい部分だと思うのでこれはこれで良かったですね。萌と優愛。まるで縁がない様な2人ですが、優愛はもう後戻りできないところにまでハルヒにハマっている為結構キツそうに見えました。なかなか理解出来なそうな世界ですが優愛もただ男性を好きになってるだけなんですよね。ですがすぐにあの男はやめとけと言ってあげたいです。

初めて来店したホストで、ちょっとでも自分のお気に入りを見つけられたのは、幸運に違いありません。あくまで個人的な偏見交じりの考えに過ぎないけれど、ホスト=軽薄な男性として認識している節がないとは言いきれないため、その認識とは些か外れている楓くんを、萌ちゃんだけでなく自分も好ましく思いました。もっとも、ホストという職業柄、あえて好印象を抱かせるように取り繕っている可能性も念頭に置く必要はありそうです。

言うならば、ホストって固定の客だけに愛想を良くしているわけではなく、来てくれた指名してくれた客全員に同様の態度を示す職業であるはずです。だから、優愛ちゃんが醜く嫉妬を露わにしているのはお門違いも甚だしいのかもしれません。もっとも、独り占めしたくなる気持ちは痛いほど理解出来るため、視聴者に過ぎない自分的には結構応えるなと思いました。ホストの男性に恋をするというのは、そうでない人に恋をするのとは勝手が違うものだと、思い知らされた気分です。

ホストを生業としている人に対するイメージは悪いものしかなかったため、楓くんにときめいてしまったのは、個人的にかなり不覚であったと思います。往々にしてイケメンという人種は、その見た目の良さを武器にして女の子を食い物にすると、頭にインプットされている自分としては、一瞬でも楓くんにときめいてしまったことを頑として認めたくない気持ちで溢れかえる勢いです。ホストじゃなければ即落ち案件間違いなしの良い男と言うほかありません。

初めてホストクラブへと足を運ぶことになった萌は、なかなかその場の空気に馴染むことができず、彼女を誘った優愛は慣れた様子で会場を楽しんでいる。その対比がとても面白いなと思いました。そして、萌の前に現れたホストの男性が、とてもかっこよかったのが印象的です。また、この回は萌と優愛との対比がとても多く使用されており、心情描写もドラマティックかつ繊細に行われていたので、とても見応えがある話だったと思います。

『明日、私は誰かのカノジョ』8話:5月31日放送

(箭内夢菜)にはガールズバーで働いていると言っていたが、実は風俗で生計を立てている優愛(齊藤なぎさ)。担当ホストのハルヒ(藤原樹)の売上に貢献するため、優愛はこの仕事を続けている。仕事後に優愛の家にいく、という約束をすっぽかされ喧嘩し、ハルヒとの関係はぎくしゃくしながらも、優愛は稼いだお金を貢ぎ続ける。
一方の萌は、ホストの楓(高野洸)からこまめに連絡がくるが、営業メールだと思い、返信せずにいた。そんな中、大学の仲間との飲み会に行った萌は、行きつけのバーに彼らを連れて行くことになる。自分の居場所だったバーでも華やかに振る舞うリナ(横田真悠)を見て、惨めな気持ちになる萌。思わず店を飛び出した萌がスマホを見ると、そこには楓からの着信があり…。(引用元:公式サイト)

優愛ちゃんの一生懸命さが、本当に危うくて目が離せません。推しのためにお金を工面するのは、一概にダメとは言いきれないし、そうすることで日々の充実感を得られる人だって確実にいると知っているから、ただ画面越しにその様子を見て、その他には何もすることが出来ずにいる視聴者に過ぎない状況が歯がゆくて仕方がありません。どうにかして止めてあげたい気持ちがどんどん強くなっていくばかりです。優愛ちゃんが傷付く姿は見たくありません。

すっかり萌ちゃんと優愛ちゃんの話になってしまったけれど、ほんの少しでも雪ちゃんが見られてめちゃくちゃ嬉しかったです。もっとも、リナちゃんとは気まづい関係のままというのが引っかかっりました。お互いにまだ蟠りがあるのは明らかであり、どうにか蟠りが解けてくれることを願わずにはいられなかったです。今回は、リナちゃんにもスポットが当たったため、今一度リナちゃんが置かれている状況も確認できて良かったのかもしれません。

楓くんだけが、言わば萌ちゃんにとっての一縷の望みであり、救いとも言えるなと思いました。ホストなのにと言うとホストの方々に失礼になるけれど、とにかくこれまでイメージにあったホスト像からは大きくかけ離れている楓くんを好きになるのは当然の展開に思えてなりません。個人的にも、営業と言うよりも母親もしくは恋人のように優しい言葉をくれる楓くんに首ったけです。この人なら、そう信じたい気持ちが自分の中で大きく育っています。

ガールズバーで働いているのが嘘だったなんて、衝撃としか言いようがなかったです。もっとも、ガールズバーで働いているだけでホスト通いが務まるとも思えなかったため、割りと納得もしてしまいました。でも、デリヘルをやってまでハルヒくんに貢ぎたいのかと、ちょっと引き気味に思ってしまったのは言うまでもありません。お金でしか繋がらない相手と関係を続けるなんて、無意味としか思えないし、それこそ優愛ちゃんのためになりません。

とにかく好きだから貢いでしまうという、その心理自体は正直理解できるものがあります。しかしながら、後になって後悔しても遅いのは明白であるため、優愛ちゃんを見ていると諭してあげたくなります。ホストに惚れ込んでしまったが故に、優愛ちゃんの人生がボロボロになってしまうなんて、そんなのあんまりです。断じて風俗を非難するわけではないものの、もっと真っ当な人生を歩んで欲しいです。お節介も甚だしいと言われても、切実にそう思います。

『明日、私は誰かのカノジョ』9話:6月7日放送

些細なことから、担当ホストのハルヒ(藤原樹)と衝突を繰り返す優愛(齊藤なぎさ)。一方、萌(箭内夢菜)は、楓(高野洸)の優しさに触れ、楓との仲が徐々に縮まっていく。ホストへ行くため、最初は、母親に仕送りを求めていたがお金が足りず、もっとお金を稼げる仕事をするために、萌はリナ(横田真悠)に雪(吉川愛)を紹介してもらう。レンタル彼女の仕事をする為に、雪とリナに髪型や洋服を選んでもらい、可愛くイメチェンした萌は、その姿を楓に見せに行く。しかし、楓に大金を使う被り客を見てしまう。そして、レンタル彼女の仕事では、すぐには収入が入らないことが分かった萌は…。(引用元:公式サイト)

雪にリナ、萌と同じ学校の仲間が揃ってきましたね。しかし誰しもが心の中に闇を抱えて生きています。これが決して普通と言う訳ではなく、もちろん何もコンプレックス等は持っていない人なんかザラにいますがこう言う子達もいるんだと学ばせてくれます。人は何かに依存すると言うのが裏テーマかもしれませんが、そんなに強くない子もいるんだよと言うメッセージですかね。誰か理解してあげられる人が周りに1人でもいたらいいですが、リナの様に満たされない子もいるから難しいと思いました。

少なくとも、リナちゃん関係なしで雪ちゃんを見かけることはないと覚悟していたから、これにはニッコリです。やっぱり、このドラマでは群を抜いて雪ちゃん推しを自称しているため、久しぶりに雪ちゃんのセリフが多くて、嬉しさあまって人目もはばからず小躍りしそうなテンションの上がりようです。もっとも、その過程は心配要素が含まれているため、一概に喜んでいる場合でもありません。楓くんのためとはいえ、ホストにハマりつつある萌ちゃんが心配になります。

萌ちゃんまでレンタル彼女に手を出してしまうなんて、予期せぬ展開に茫然自失の状態です。さながらシンデレラストーリーみたいに思えなくもないけれど、萌ちゃんは楓くんと真っ当な恋愛をしてくれることを、頭のどこかで期待していました。もちろん、ホストとの恋愛が真っ当ではないと決めつけるのも、偏見が混じっていて間違っているのかもしれません。それでも、楓くんに会うためにお金を工面している萌ちゃんを、心の底から案じずにはいられなかったです。

個人的に、萌「ちゃん」じゃなくて萌「てゃ」って呼び方をしてくれる優愛ちゃんが大好きです。そこから親しみを感じられるし、何よりめちゃくちゃ可愛いなと思います。まず、優愛ちゃんの典型的な地雷系女子感もド直球ストレートを投げ込まれたレベルで突き刺さっています。控えめに言っても、ビジュアル値が高過ぎるとあって、私にとってはもう至福のひとときと遜色ありません。甘ったるい響きを孕んだ声も相まって、甘い毒に侵されている気分です。

優愛ちゃんがホストに異常なまでの執着心を抱いてしまうことには、さほど違和感を持ったことはなかったです。しかしながら、萌ちゃんに関しては、まさかと言った具合であり、こうなることは予測していませんでした。必要以上に誰かに固執しないでいた、他の女の子よりも達観していたようにも見えた萌ちゃんが変わっていくようで、ちょっとだけ悲しかったです。やはり、萌ちゃんもごく普通の女の子に過ぎなかったのかもしれません。

『明日、私は誰かのカノジョ』10話:6月14日放送

(箭内夢菜)は、楓(高野洸)に会いにホストクラブへ通うお金を稼ぐ為に、風俗で働き始めていた。実は優愛(齊藤なぎさ)も同じ仕事をしていることを知り、2人はさらに仲を深める。そして一緒にホストクラブへ行った2人は、ハルヒ(藤原樹)と楓との4人でアフターを共にし、ボーリングで楽しい時間を過ごす。満たされた気持ちになった萌は、さらに稼ぎを得るため、風俗の仕事に力を入れるようになる。そんな中、楓の誕生日が近付き、楓の売上に貢献できるよう高額なボトルを入れようと画策する萌。その反面、大学の仲間とは距離を感じ始め、萌の楓を思う行動はますますエスカレートしていく…。(引用元:公式サイト)

おでこを出してひっつめ団子の萌ちゃんが好きな自分としては、あんまり今の萌ちゃんを快く思えません。好きな人のためにイメチェンするのは、健気で可愛いと絶賛したいところですが、それによって本来の萌ちゃんの良さが損なわれてしまったら、まるで意味がないという気がしてならないです。ありのままの萌ちゃんでいて欲しいと願ってしまうのは、果たして自分の勝手な押しつけになってしまうのかなと、途方もなく考え込んでしまいます。

もうこれ以上は、萌ちゃんがホストにズブズブにハマっていくところを見たくありません。たとえどんなに好きだったとしても、その様子を見ているこっちが辛くなってしまいます。ホストにハマればハマるほど自分を見失っていっているようにしか見えなくて、やるせない思いでいっぱいです。元を辿れば、優愛ちゃんがあの日経験のない萌ちゃんをホストに連れて行ってしまったのが原因なのだけれど、そんなことを言ったら埒もあきません。

優愛ちゃんと萌ちゃんが仲良くなることについては、紛れもなく喜ばしいことに違いありません。萌ちゃんは、これまでリナちゃんの他に特定の友だちと付き合うという描写が見られなかったため、新たな交友関係をちゃんと喜んであげたい気持ちは確かにあることはあるのですが、如何せんその過程に引っかかってしまいます。やはり、楓くんにどハマりしたという経緯があったからこそ今仲良くなっているのは、何かと複雑な心境にならざるを得ません。

ユキちゃんとリナちゃんによって雰囲気がすっかり変わった萌ちゃんを、別に悪く言おうなんて気はさらさらありません。ただ、私的には今の萌ちゃんじゃなくて、前の萌ちゃんが本当に好きだったと言うだけのことに過ぎないのです。欲を言うならば、前の萌ちゃんに戻って欲しいなと、そう思う気持ちを止められません。また、金銭的なところで苦労している萌ちゃんを見ていられないというのもあって、とにかく状況がこれ以上悪化しないで欲しいです。

最後の砦だった大学まで辞めてしまっが萌さんのことがただひたすら心配になる。人が落ちて行くのは一瞬だけれど、再び這い上がることはとっても困難で、そんな経験をこんなに若くして味わってしまったら、もういいやと自暴自棄になって、現状から抜け出すことを諦める道を選んでしまいそうだなと、ただ唯一全く同じ状況に陥っている優愛さんの存在が救いではあるけれど、お母さんからのいつでも萌ちゃんの味方ですとのメッセージは、嬉しい反面罪悪感も増しただろうなと他人事とは思えず胸が苦しくなりました。

『明日、私は誰かのカノジョ』11話:6月21日放送

ハルヒ(藤原樹)との関係が一層こじれながらも、なんとか関係を保っている優愛(齊藤なぎさ)。しかし、下着姿の女性と眠るハルヒの画像が流出してしまい、優愛は、ハルヒへの憎悪を募らせ、ついに口論になってしまう。エスカレートし、罵り合いの末についに2人は―。
一方の萌(箭内夢菜)は、楓(高野洸)にのめり込み、大学を退学し、風俗での稼ぎを増やしていく。楓の誕生日を祝うために目標の額を稼ぐことができ、満足する萌。そして、楓の誕生日を祝うためにホストクラブへと向かうはずだったのだが…。

お金で繋がっている関係、それに果たして未来があるのか否か考えるのも億劫になってきました。どういう理屈を必死こいて並べてみたところで意味なんて何もないとしか思えなかったです。楓くんにズブズブ嵌って抜け出せない萌ちゃん見ているのが、ひたすら辛かったです。私が勝手に好意を抱いていた昔の萌ちゃんの姿はもうそこにはなくて、そのことに大変胸を痛ませている次第です。これ以上、精神的にすり減っていくのだけは勘弁して欲しいなと思いました。

楓くんの誕生日を盛大に祝うために好きでもない仕事を懸命にこなす萌ちゃんは、健気でもあると同時に酷く痛ましかったです。純粋な恋心と言えば聞こえはいいけれど、もうすでに純粋さとはかけ離れた何かに支配もしくは毒され、精神を蝕んでいるとしか思えません。抜け出すにも今からでは間に合わないかもしれないと、絶望的な思いに駆られる一方です。萌ちゃんの辿る人生に影が落ちるのは辛くて、いてもたってもいられなくなります。

今ではすっかり萌ちゃんと優愛ちゃんメインで進行していたため、ここにきてユキちゃんに再びフォーカスしてくれるのはすごくありがたかったです。やっぱり、ユキちゃんは萌ちゃんとはまた違ったタイプの大人っぽさがあって、1人だけ達観しているようにさえ見えるなと思いました。おそらくそれは、ユキちゃんの境遇が今のユキちゃんを形成したわけで、一概に大人っぽさを褒めてしまうのは、どこかお門違いとも言えなくはありません。

おでこ全開、ひっつめお団子、このふたつがないことがジワジワと私の精神を蝕んでいるような気がしてならなかったです。やっぱり、萌ちゃんには前の姿に戻って欲しいと、そう願わずにはいられません。華麗にイメージチェンジした今の姿もめちゃくちゃ可愛いです。しかしながら、萌ちゃんらしさはどこにもありません。無理して作られた偽りの姿を愛せるほど、私の心は広くもなんともありません。切実に昔の姿、今はもうない姿に思いを馳せています。

とにもかくにも、萌ちゃんが楓くんから離れられて良かったです。色んなものを犠牲にしてしまった感は否めないけれど、今からでも十分に取り返しは着くはずだから、これからの人生を萌ちゃんらしく生きてくれることをひたすら祈っています。お母さんにもちゃんと連絡できていたし、本当に安心しました。優愛ちゃんとのことは残念だったものの、あのまま一緒にいても同じ轍を踏むだけだろうことは容易に想像つくため、これが1番です。

『明日、私は誰かのカノジョ』12話(最終回):6月28日放送

壮太(楽駆)は雪(吉川愛)を誘って、温泉旅行へ。穏やかで楽しい時を過ごす2人。そして壮太は、雪のことが好きだとはっきり告白する。そんな壮太の思いを受け、自身の過去について話し始める雪。その夜、雪は初めて夢を見る。そして帰京する朝、壮太は、これからも雪と一緒にいたいという思いを伝える。果たして、雪が出した答えとは―。そして、リナ、彩、優愛、萌、カノジョたちのそれぞれの未来は―。

雪の顔にあるアザの真実は悲しく、大学に通っている理由も未来を生きるためでありレンタル彼女をしている理由も生きるために必要なお金を生み出すためで、同級生のリナの軽い考えで生きているのとは全く違うのに優しく言葉を返しているのは友だちらしき事をしているだけに感じられ、誰一人信じてはいない所が切なく感じました。壮太の雪への想いは真実に感じましたが、雪がスレ違った時には別の女性とデレデレしていただけに単なる御坊っちゃまに感じられ、雪の判断は確かと思いますがこれによって更に人を信じない事になった気がします。ホストの楓に騙されていた萌がまたも都会に来ていた事にビックリさせられ、今の所は大丈夫ながらも闇に落ちる危険性があるなと心配でならず、優愛のホスト狂いのまま生きている姿には破滅しかない気がして、人の生きる道は良い悪いは別として多様性に溢れているとわかるドラマでした。

カノジョやカレたちの逞しく生きている1年後を見届けることが出来て安堵。優愛さんは新たな担当を見つけて、1年前と変わらぬままの世界で楽しんでいたし、1番心配だった萌さんが美容師になる為に東京へ戻って来ていて、新たな目標を見つけて頑張っているんだなとホッとした瞬間、後ろをNo.1になった楓のトラックが走り去って、突然萌さんという太客を失ったのに、それをも上回る太客を掴んでのNo.1の座なんだろうなと、その一瞬で楓の1年間も想像出来ました。

そもそも、本気にならないことを前提として仮の彼女を演じてもらうという、本来矛盾しているはずのものが不思議と成り立っているシステムなわけだし、壮太くんが雪ちゃんにレンタル彼女としてではなく、そのフィルターを外して一人の女の子として好きなのは、正直不毛な恋をしているとしか思えなかったです。もっとも、自分も雪ちゃんを好きなことに変わりないため、気持ちとしては分からなくはありません。しかし、壮太くんの場合はそう楽観的に都合良く考えることもできなくて、寂しさだけが募りました。

萌ちゃんが最後、踏みとどまってホストクラブで誕生日祝いせずにすんでよかったです。そして、ゆあさんのメンヘラっぷり最高です。萌さんとゆあさんの対話でのゆあさんのすん!っとした最後もゆあさんらしくてよかったです。それにしてもホストにはまる気持ちもわかるし、はまるのは怖いですね。来週の雪さんの旅行も楽しみです。それにしても壮太役の楽駆さんは顔が小さすぎませんか。首が長いのでしょうか。ついつい目で追ってしまいます。

4人のそれぞれのコンプレックスや葛藤がとても丁寧に描かれていて、彼女らよりも世代が上の自分でも胸がぎゅっと掴まれる場面が多かったです。特に私は彩が主人公の回がお気に入りです。自分より若くて整形する必要もない美貌をもつ雪に対する彩が抱く敵対心が彼女の弱さをより際立たせていました。二人で海に行くシーンの中で次第に見た目に対するコンプレックスから生まれる嫉妬心から、友情のような姉妹のようなシフターフッドに変わっていくのを感じて感動しました。

ドラマ『明日、私は誰かのカノジョ』の見逃し配信はParaviがおすすめ!

2022年4月12日に放送が開始される深夜ドラマ『明日、私は誰かのカノジョ(明日カノ)』。大人気コミックの実写化ということで話題沸騰!こちらの番組を見逃してしまった方も大丈夫。動画配信サイトを活用してお家でゆっくりと鑑賞することができます。

今回ご紹介してきたParaviはTBSテレビ系列やWOWOWなどの動画を主に取り扱っている配信サイトです。TBSテレビといえばドラマのみならずバラエティにも強いテレビ局ですよね。「あのシーン、もう一度見たいな」なんて夢もすぐに叶います。

ドラマ『明日、私は誰かのカノジョ』の振り返り動画は、是非Paraviで楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です