映画『紅の豚』アニメ動画を無料フル視聴!アニユーズやAnitubeの代わり

紅の豚

動画配信サービス 配信状況 無料期間 公式サイト 
30日間無料 TSUTAYA

映画『紅の豚』は1992年に日本のスタジオジブリで制作された長編アニメ映画作品です。

映画『紅の豚』

深紅の飛行艇を操る豚のポルコ・ロッソは、かつて人間だった頃イタリア空軍のエースだったが、今はアドリア海の小島に隠棲し、空中海賊(空賊)退治を請け負う賞金稼ぎとして暮らしている。

ある晩、昔馴染みのジーナが営むホテル・アドリアーノを訪れたポルコは、米国製の飛行艇を操るアメリカ人カーチスに出会う。カーチスは空賊連合が雇った用心棒だった。

しばらく後、愛艇・サボイアのエンジン整備のためミラノに向かって飛んでいたポルコは、エンジン不調のままカーチスと遭遇し撃墜されてしまう。

ポルコが大破した愛艇をミラノの工房ピッコロ社に持ち込むと、ピッコロじいさんとその孫で17歳の少女フィオが共同で修理に当たるという。

ポルコは渋るが、フィオの熱意に絆されて愛機の設計を任せる。

この記事では映画『紅の豚』のフル動画を無料で視聴する方法をご紹介していきます。

映画『紅の豚』の配信サービス一覧

今は動画配信サービスがいくつもありますので各社の配信状況を調べてみました。

結論から言うと映画『紅の豚』を無料で視聴するにはTSUTAYA TVの無料期間を使うのが最もオススメです!

配信サイト 配信 月額料金 無料期間
U-NEXT × 1990円(税抜) 31日間
hulu × 933円(税抜) 14日間
Amazon × 350円(税抜) 30日間
FOD × 888円(税抜) 2週間
TSUTAYA TV 2417円(税抜) 30日間
dTV × 500円(税抜) 31日間
AbemaTV × 960円(税込) 1ヶ月
music.jp × 1958円(税込) 30日間
TELASA × 562円(税抜) 30日間
Paravi × 1017円(税抜) 14日間
Netflix × 800円(税抜) なし
◯:無料で観れる(ポイント・チケット含)
△:随時課金が必要
×:視聴不可

※2020年現在の情報です。最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトをご確認ください。

\無料お試し期間実施中/

無料期間中に解約をすれば料金は一切かかリません

これからなぜTSUTAYA TVがおすすめなのかを理由をご紹介していきます。

映画『紅の豚』を視聴するならTSUTAYA TVがおすすめ!

TSUTAYA

無料ですぐに映画『紅の豚』を視聴するにTSUTAYA TVがオススメです。

TSUTAYA TVはTSUTAYAが配信しているサービスで、約1万本以上の作品を視聴することが出来ます。

月額料金は2417円(税抜)ですが、30日間の無料体験期間があり、その間は料金はかかりません。

ポイント
無料体験期間は新規登録者を増やすためのシステムなので、こちら側もその仕組みをうまく利用してしまいましょう!

そしてTSUTAYA TVでは見放題作品の他に毎月もらえる1,100ポイントを使って、有料作品も視聴することが出来ます。

1ポイント1円なので1,100ポイントも無料で貰えるのは非常にお得ですよね!

また見放題作品の中には配信サービスの中では珍しいアダルト作品もあるのもポイントです。

見放題作品と毎月貰えるポイントを有効に使うことができるので、とてもおすすめです。

良い点
  • 約1万本以上の作品が見放題
  • DVDレンタルが可能
  • 無料お試し期間30日がある
  • 毎月1100ポイントが貰える
  • アダルト作品も視聴可能
  • 見放題作品とポイントを使った有料作品も視聴可能
悪い点
  • 他の配信サービスに比べて作品数が少ない

TSUTAYA TVの簡単解説

  1. 30日間の無料お試しキャンペーンに登録
  2. 見放題作品とポイントを使って有料作品を楽しむ
  3. 必要なければ解約

『30日間の無料体験キャンペーン』はこちら!

\TSUTAYA TVで無料視聴/

30日以内の解約で無料で視聴できます。

最新の配信状況はTSUTAYA TV公式サイトで確認をしてみてください。

アニユーズやAnitubeで映画『紅の豚』は視聴できる?

違法アップロードサイトアニユーズやAnitubeで『紅の豚』を視聴できるか確かめてみました。

今現在Anitubeは閉鎖されていましたが、アニユーズでは動画を公開している可能性が高いので、どうしても手軽に無料で見たいという方は「アニユーズ」で『紅の豚』を検索して見てください!

アニユーズやAnitubeなどの違法サイトは危険

これらのサイトは閲覧することでウイルスに感染したり、個人情報を抜き取られてしまう可能性などリスクを伴います。

過去にはクレジットカード情報が抜き取られたり、銀行口座の情報が流出するなどの事例もあり、個人的には違法サイトでの動画視聴はおすすめできません。

また場合によっては違法サイトと知って視聴した場合、刑罰の対象になることもあるので、違法アップロードサイトでの視聴は完全自己責任でお願いいたします。

映画『紅の豚』

『紅の豚』(くれないのぶた)は、1992年に日本のスタジオジブリで制作された長編アニメ映画作品。

原作は月刊モデルグラフィックスに連載していた漫画『宮崎駿の雑想ノート』の中の「飛行艇時代」

監督は宮崎駿。前作の『魔女の宅急便』に続いて劇場用アニメ映画の興行成績日本記録を更新した。

この作品以降、スタジオジブリ映画における宮崎駿監督作品は全て東宝系での公開となった。

スタジオジブリ作品では初めて、ヒロイン役を演じた役者本人が主題歌を歌っている。

映画『紅の豚』のあらすじ

『紅の豚』は、スタジオジブリの第6作目の作品。金曜ロードショーでの、放送回数は今回で12回目、歴代最高視聴率はテレビ初放送時に20.9%を記録した名作アニメ映画です。青い空を自由に飛び回る紅い飛行艇…宮崎駿監督の夢とロマンが詰め込まれた、ちょっぴりビターでクールな大人のファンタジー。

映画『紅の豚』の主題歌・挿入歌

  • 加藤登紀子/さくらんぼの実る頃

映画『紅の豚』の声優一覧

映画『紅の豚』の声優
  • ポルコ・ロッソ役 森山周一郎
  • マダム・ジーナ役 加藤登紀
  • フィオ・ピッコロ役 岡村明美
  • ピッコロおやじ役 桂三枝(現 桂文枝 )
  • マンマユート・ボス 役 上條恒彦
  • ドナルド・カーチス 役 大塚明夫
  • バアちゃん役 関弘子
  • フェラーリン少佐役 稲垣雅之
  • マルコ・パゴット (青年時代のポルコ・ロッソ)役 古本新之輔

映画『紅の豚』の感想

紅の豚といえば、いわずともしれたジブリ映画、宮崎駿の作品である。

この作品はジブリ映画では珍しくかなり大人向けの作品となっており、幼い頃はなかなか良さが分からなかったが、成人してから見直すと心に響く場面が数多くある。

この作品には、男の子ロマンあふれるセリフや少年心を忘れない大人の男達の感情を表した表現が多く表現されています。

特に主人公のポルコの台詞「飛べねぇ豚は、ただの豚だ」は紅の豚を見たことがない方でも知っている人が多いのではないでしょうか。

このシーンは、実はかなり序盤で登場します。

一度見ただけではなぜこのシーンが語り継がれる場面になるのかが分かりにくいですが、何回も見返すうちに、納得し、この時のポルコの心情が少しずつわかっていきます。

ジブリ作品に関わらず、様々なアニメ映画は繰り返し見ることで作品の内容を深く読み込めますが、紅の豚は特にその傾向が強い作品だと思いました。

大人になってからみるとかなり印象が変わる作品なので是非見ていただきたいです。

映画『紅の豚』アニメ動画を無料フル視聴する方法:まとめ

今回は映画『紅の豚』を無料で視聴する方法をご紹介させていただきました!

まとめると映画『紅の豚』はTSUTAYA TVで視聴するのが一番おすすめです。

映画『紅の豚』以外にも豊富なコンテンツが揃っていますので是非利用してみてはいかがでしょうか!

\無料お試し期間実施中/

無料期間中に解約をすれば料金は一切かかリません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です