モトカレ←リトライ|関東地域局の放送日程と再放送!見逃し動画配信も調査!

2022年4月7日から放送が開始されるMBSテレビの深夜ドラマ「モトカレ←リトライ」。

鈴木仁さんと川津明日香さんがW主演を務めるということで話題を集めていますが、更に注目をしたいのが超売れっ子コスプレイヤーの「えなこ」さんが、こちらのドラマで連ドラ初出演を果たすということです。

多くのファンを抱える「えなこ」さんの「動く」「話す」「演じる」姿をテレビで堪能できるだけでも、このドラマを見る価値があるといえるでしょう。

この記事では、2022年春ドラマの中でも注目されているこちらのドラマの、関東や関西での放送日時と再放送の日程に加え、無料で視聴をするための方法を紹介していきます。

『モトカレ←リトライ』は「Paravi(パラビ)」にて見逃し配信があります。

Paraviには14日間の無料期間があり、ドラマ「モトカレ←リトライ」の他にも、TBSテレビ系のドラマやバラエティ、アニメ、映画など幅広いジャンルの動画が見放題になる、とってもお得な動画配信サイトなのです。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 公式サイト 
2週間無料 Paravi

『モトカレ←リトライ』は放送後1週間以内であれば、Tverで無料で動画を視聴することができます。ところが、「放送から1週間以上経ってしまった・・」という場合はParaviの無料トライアルを利用して『モトカレ←リトライ』を視聴しましょう。

 

\Paraviで独占配信/

 

2週間以内の解約で無料で視聴できます

放送年 2022年
原作 『モトカレ←リトライ』華谷 艶
監督 池田千尋
畑山創
脚本 土城温美
山本奈奈
制作プロダクション ROBOT
制作 「モトカレ←リトライ」製作委員会・MBS
キャスト 鈴木仁、
川津明日香
吉田仁人(M!LK)
中村里帆
えなこ
本多力
眞島秀和
外部リンク 公式サイト/公式Twitter

あらすじ:

 

忘れられないハツカレ&失恋のトラウマを引きずったまま大学生になった蜜(みつ)
大学に入って新しい恋をしようと思っていたのに、隣の部屋に住んでいたのはまさかのモトカレ・楓(かえで)だった。
5年が経ち、洗練されてオトナになっているけど優しい笑顔は変わらない。

「やばい。また好きになっちゃう。」
楓との甘酸っぱい記憶がよみがえる。

しかし楓の部屋にはモトカノだという仁菜の姿が……。
自分のダメなところも全部知られているし、あれから付き合ったという仁菜のことも気になっちゃう。
でも変に優しくされると勘違いしそうになるから、モトカレってめんどくさい……などと妄想を膨らませている蜜に対して、楓は何か企んでいる様子。
しか楓の親友、和葉も蜜に惹かれてぐいぐいとアプローチをかけてくる。

蜜は姉御肌の野々花のりかからのアドバイスをうけながら、成長したモトカレとその親友という恋愛偏差値の高い男子に挟まれた、一筋縄ではいかない大学生活がはじまる!

 

引用元:公式サイト

ドラマ『モトカレ←リトライ』の地上波での放送日程(関西と関東地方局)

『モトカレ←リトライ』の放送日程は、地方局によりバラつきがあるので注意が必要です。

まず主要放送局となる関西のMBSでの放送は次の通りです。

番組名 モトカレ←リトライ
放送開始日 2022年4月7(木)スタート
放送時間 深夜0時59分~
局系列 MBSテレビ

次に関東での地方放送局(神奈川・千葉・埼玉・栃木・群馬)による放送日程は次の通りです。

テレビ局(関東) 放送開始日 放送日程
テレビ神奈川 4月7日(木) 23:00~
チバテレ 4月8日(金) 23:00~
テレ玉 4月14日(木) 23:30~
とちテレ 4月14日(木) 22:30~
群馬テレビ 4月14日(木) 23:30~

関東の地方放送局では放送が開始する日も、放送される時間も異なってきますので、どの局番で楽しむか事前に確認をしておくようにしましょう。

ドラマ『モトカレ←リトライ』の再放送の日程を調査

『モトカレ←リトライ』のスペシャルドラマの再放送の日程を、地方放送局を含めて調査してみました。その結果がこちらです。(地方局はTBSテレビ系列のテレビ局に絞っています)

北海道・東北地方

テレビ局 再放送日程
北海道テレビ ×
青森放送 ×
岩手放送 ×
テレビユー山形 ×
東北放送 ×
テレビユー福島 ×

関東・中部地方

テレビ局 再放送日程
東京放送 ×
テレビ山梨 ×
信越放送 ×
新潟放送 ×
チューリップテレビ ×
北陸放送 ×
静岡放送 ×
中部日本放送 ×

近畿・中国・四国地方

テレビ局 再放送日程
毎日放送 ×
山陽放送 ×
中国放送 ×
山陰放送 ×
テレビ山口 ×
毎日放送 ×
テレビ高知 ×
山陽放送 ×
あいテレビ ×

九州・沖縄地方

テレビ局 再放送日程
RKB毎日放送 ×
RKB毎日放送 ×
長崎放送 ×
熊本放送 ×
大分放送 ×
宮崎放送 ×
南日本放送 ×
琉球放送 ×

以上のように、放送開始前の現在、まだ地上波による再放送の日程は決まっていません。では見逃してしまった場合に、どのように番組を視聴したらよいのか。その方法を次にご紹介します。

ドラマ『モトカレ←リトライ』の見逃しを無料視聴できる配信サービス・サイトまとめ

『モトカレ←リトライ』を視聴することができる配信サービスを一覧でまとめました。

配信サイト 配信 月額料金 無料期間
U-NEXT × 2,189円(税込) 31日間
hulu × 1,026円(税込) 14日間
Amazon × 500円(税込) 30日間
FOD × 976円(税込) 2週間
TSUTAYA TV × 2,052円(税込) 30日間
dTV × 550円(税込) 31日間
AbemaTV × 960円(税込) 2週間
music.jp × 1958円(税込) 30日間
TELASA × 618円(税込) 15日間
Paravi ◯:独占配信 1,017円(税込) 14日間
Netflix × 990円(税込) なし
◯:無料で観れる(ポイント・チケット含)
△:随時課金が必要
×:視聴不可
放送後の配信スケジュール

『モトカレ←リトライ』の動画はParaviにて見放題配信中となります。また、放送されて1週間以内であれば、GYAO!、Tverのサイトで登録不要かつ無料で視聴することができます。見逃し配信は次のようなスケジュールで放送されます。

配信サイト 配信のタイミング
Paravi 放送後~
TVer 放送後1週間
GYAO! 放送後1週間

番組が放送後1週間を経過してしまうと、TVerとGYAO!での視聴が出来なくなります。是非この機会にParaviで『モトカレ←リトライ』を視聴しましょう!

Paraviで『モトカレ←リトライ』の見逃し配信を無料で見る方法

Paraviは「東京放送ホールディングス」「WOWOW」「日本経済新聞社」「電通」「博報堂DYメディアパートナーズ」「テレビ東京ホールディングス」などが運営する動画配信サービスです。そのため俗にいうTBSテレビで放送されるドラマや映画が地上波放送後に見放題で配信されています。今回のドラマ『モトカレ←リトライ』も見放題のうちの一作品としてで楽しむことができます。

またParaviは次のような方に特に向いている配信サイトです。

①ドラマが大好きで何度も見たい!

②地上波だけでなくWOWOW放送にも興味あり

③ダウンロードをしてオフラインで楽しみたい

Paraviは主にTBS放送のドラマやバラエティにおいて、見逃し配信をしてくれる動画サイトです。ドラマのラインナップはかなり充実しています。しかも地上波のみならずWOWOWの放送も取り扱うことが多いため、そういった面においてもお得感が大きな配信サイトです。

もちろんダウンロード機能もついているので、通勤通学の電車の中など、オフラインの状況においても動画を楽しむことができるのもうれしいポイントです。

一方次のような方には不向きな配信サイトであるといえます。

①映画も一緒に楽しみたい方

②毎月のポイントチケットが使いづらいと感じる方

③同時に2つ以上の端末で動画をみたい方

Paraviには現在「映画」の動画配信がありません。そのため「Paraviに登録して映画も一緒に楽しんでしまうぞ~」という方には不向な配信サイトということになってしまいます。Paraviの強みは「ドラマ」です。そこは肝に銘じておきましょう。

また、Paraviを利用すると毎月550ポイントがもらえます。このポイントを使って、見放題以外の通常番組を楽しむことになるわけですが、実はこれには一つだけ落し穴が・・。なんとこの550ポイントは使い切りなのです。どういうことかというと、ポイントで250Ptの配信動画を購入したとします。するとまだ300Ptが残っているはずですが、これはすぐに消滅する設定になっているのです。1回使い切りポイントとして考えるようにしましょう。

同時に2つ以上の端末で動画を再生することも出来ません。同居している家族や彼女さんと相談してみる順番を決めるようにしましょう。

その他Paraviの特徴を表でまとめると次のようになります。

月額料金 1,027円(税込)
無料お試し期間 2週間
作品数 8,000本以上(見放題は500本程)
対応デバイス PC、スマホ・タブレット、テレビなど
ポイント 550Pt/月(使い切りタイプ)
再生速度 「1.0倍速」「1.3倍速」「1.5倍速」「2.0倍速」
DL機能 あり
同時視聴 不可
無料期間中の解約

TBS系列のドラマを扱っているParavi。取扱い作品数は8,000本以上ということでやや控え目な数字でしたが、ドラマに特化をしていることを考えれば、ドラマ好きにはこれだけあれば十分のような気がします。そのうえ料金も月額1,017円(税込)とリーズナブル!

ドラマ『モトカレ←リトライ』の動画が見たい場合は、ぜひParaviの無料お試し期間を利用してみてくださいね。

TVerで『モトカレ←リトライ』の見逃し配信を無料で見る方法

TVerは民放テレビ局が運営している動画の配信サービスです。最大の特徴は「無料」であることと「複数のテレビ局の番組を楽しむことができる」という点です。ただし、その期限は基本的に番組の放送終了後1週間に限られるという制約もあります。

ただし、テレビ番組はドラマにしろバラエティにしろ基本的に1週間ごとにリフレッシュしていくものなので、正直「1週間の見放題」というのは必要十分な期間であるといえるのかもしれません。また配信されている動画は、煩わしい会員登録などもありません。サイトを開いてみたい番組を選ぶだけ。誰でも簡単に扱うことができるサービスなのです。

もちろん、ドラマ『モトカレ←リトライ』も放送終了後1週間楽しむことができます。

GYAO!で『モトカレ←リトライ』の見逃し配信を無料で見る方法

GYAO!はYahoo!が運営する動画配信サービスです。基本的な仕様はTVerと同じで、利用者の会員登録なし。動画の見放題は、地上波放送後の1週間に限定されるということ。フジテレビなどのドラマも視聴することが可能となっています。

ドラマ『モトカレ←リトライ』も例外なく、放送終了後1週間楽しむことができます。

モトカレ←リトライ|全話(1話〜最終話)までのあらすじ

『モトカレ←リトライ』全話(1話〜最終話)までのあらすじを紹介します。

『モトカレ←リトライ』1話:4月7日放送

春から大学に通うため上京した羽木蜜(川津明日香)は、トラウマになっているモトカレを忘れようと、輝かしいキャンパスライフに期待を寄せる18歳。そんな蜜が挨拶回りでアパートの隣の部屋に行くと、そこにはなんと一番会いたくない男、モトカレの平子楓(鈴木仁)の姿が!しかもまさかの同じ大学!?楓は親友の山下和葉(吉田仁人)とともに恋愛偏差値高めと大学で噂されるほどのパーフェクト男子に成長していた!トラウマのモトカレ・楓に振り回されないと心に決めるが、楓のモトカノだという小悪魔系女子・仁菜はしょっちゅう楓の部屋にいる様子。隣の部屋から漏れ聞こえる仁菜の声は常に気になるし、楓はなにかと蜜に構ってくる。更には蜜の部屋にさらっと上がり込んでくるが、蜜はそれを拒めない。トラウマを抱えたまま楓への気持ちが再燃しそうになるのを必死にこらえようとする蜜はーー?

番組が始まったとたんに、なにこれ!いきなり鈴木仁くんのキスシーンで始まるの!??ってもうその瞬間赤面!こんな始まり方は反則でした~。その後も楽しくドキドキしながら番組を見させていただきました。ごちそうさま。

独り暮らしで上京して引っ越してきたと思ったら、隣にモトカレが住んでいるなんて・・えなこも言っていた通りもはやストーカーでしょ。笑 ま、この展開が限りなく運命の天使のイタズラ的な感じで一般女子にはウケるわけですよ。この非現実さがまさに・・神。

えなこキタァァァァァーー!って思ったら鈴木仁くんと付き合っている設定なのか。これからの展開次第ではえなこは不幸な女子役に発展していくのではないだろうか。そんな展開は耐えられないと思いつつもどうしても続きが気になる~。次回も期待!

なんだか全体的に演技がベタ~っとしている感じがあったけど、なんだか引き込まれる感じがあるのは原作がよいからだろうか。ドキメク乙女にはぴったりの内容かもしれない。それにしても鈴木仁くんが何を考えているのか心の内側が分からない・・。どんなストーリーに発展していくのか!?

随分と強引なモトカレだこと。こんなモトカレがいたら・・たまらないだろうな。ってこりゃドラマの話で異次元すぎる。たまに突如始まる仁くんのささやきデスボイスが賛否両論別れそう。笑 なんだかモトカレ・モトカノがこんなにベタベタしていてどうなのーー!って感じ。えなこがかわいそー!!

『モトカレ←リトライ』2話:4月14日放送

(川津明日香)はいきなりベッドに押し倒されキスを仕掛ける楓(鈴木仁)に動揺を隠せない。中学の時にお互い相手に振られたと思いこんでいたのが勘違いだとわかり、思わず感情的になってしまう蜜。和葉(吉田仁人)は、蜜に執着する楓をみて「逆に興味湧いちゃうなあ…」と気になる発言!?一方、仁菜(えなこ)は楓との関係に圧をかけてくる。楓との距離感にモヤモヤする蜜。
大学の講義中にネガティブな妄想をめぐらせ「楓の心理状況講座」が幕を開ける。
そんな折、上京してはじめて誕生日を迎える。楓は蜜の部屋に来て祝ってくれるが…!?

個人的には、楓くんのやり口に不満を唱えたい所存です。あれこそまさに卑怯だと腐すべきであると思いました。のんちゃんとの会話に影響され、せっかく勇気を振り絞って楓くんとやり直したいと申し出てくれた蜜ちゃんの努力が水の泡と帰し、見ているこちら側としても大変いたたまれなくて、率直には可哀想でならなかったです。和葉くんと話していた、こだわりすぎている計画が陥れるためのものだったことに怒りを覚えたのは言うまでもありません。

てっきり彼女だと思い込んでいた女の子が、実際には振られた元カノだったという、ある意味ショッキングな事態に言葉を失いました。立場を弁えてくれと警告を出てきたにもかかわらず、その実弁えるべきはその子自身なんて、とんだ特大ブーメランをかましてきたものだなと、その子の傲慢さや図々しさに呆れるほかなかったです。彼女ヅラするのも大概にしろと思ったのは致し方ありません。蜜ちゃんに代わって頬を引っぱたいてやりたくなりました。

個人的には、早々に楓くんは見限って和葉くんに鞍替えしたいなと思いました。どう足掻いても楓くんは最低最悪レッテルを貼らざるを得ない男であることが否が応でも判明してしまったわけであり、それならば今のところ優しい一面しか見せていない和葉くんの方に切り替えて新たなる恋を芽生えさせるのが、割と賢明な判断とも言えるのではないかと、そんな気がしてなりません。蜜ちゃんに報復することにこだわっていた楓くんとはここでおサラバです。

人を寄せつけないような素っ気なさを装っている割には、その実蜜ちゃんのことを慮ってアドバイスをくれる、そんな優しさが何とも有難く思えるのんちゃんに高感度は急上昇しました。もっとも、一度は席を立ってそそくさ立ち去ろとしたけれど、魅惑的なプリンにつられて座り直したところが、すごく可愛らしかったです。一見すると、スイーツになんて目もくれなさそうなのに、甘い物には目がないタイプの女子だったことに安心感さえ覚えました。

心理学の授業がスタートしたかと思いきや、それが蜜ちゃんの妄想によるものだったことが、個人的には結構面白くて良かったなと思いました。ひとつの授業を丸々聴き逃してしまうという、生徒としてはあるまじき事態ではあったけれど、それだけ蜜ちゃんからしたら大問題が起こっていたわけであり、同情の余地は十分にあったと言っても過言ではありません。また、妄想内の授業内容が中々ぶっ飛んでいたため、見ている側としては楽しめました。

『モトカレ←リトライ』3話:4月21日放送

「傷つけたかった」と楓(鈴木仁)の言動にショックを受け、今度こそちゃんと忘れようと心に決めた蜜(川津明日香)。しかし和葉(吉田仁人)から、高校時代も楓は蜜を想い続けていたことを聞いた蜜は「お前のことが好きすぎて」と言った楓を言葉は本心で、傷つけていたことに気づく。落ち込む蜜。そんな折、大学で知り合った先輩からカラオケに行こうと誘いが。モヤモヤを吹き飛ばそうとついていくことした蜜だったが、そこで思いもよらないハプニングが――。

やっぱり、蜜ちゃんと楓くんが元の関係に戻ってくれたことが何よりも嬉しかったです。離れていた時間の中で生まれた、お互いにこれまで抱えていた気持ちをぶつけ合って、その上でしっかり前向きに進んでいくことを選択できたのは、本当に素晴らしいとしか言いようがありません。とは言えど、まだまだ障害となるポイントは複数あることは現段階でも目に見えているため、2人には根気強く頑張って乗り越えていってほしいなと思いました。

どうしても気に食わないのが楓くんの元カノの仁菜ちゃんです。ズケズケと楓くんの家に上がり込んでいるし、さも当然とばかりにキッチンを借りて料理をしようとするなんて、とても褒められたものではありません。楓くんが強く言わないことをいいことに、やりたい放題になっているのが嫌だなと思いました。楓くんが明らかに気にしている蜜ちゃんのことを心底妬んでいるのも見え見えで、どこまで醜い女の子なのかと、呆れるほかなかったです。

個人的には、和葉くんのポジションがたまらなく好きです。蜜ちゃんのことを気にかけながらも、軽率に踏み込みすぎないで、あくまで楓くんとの仲を取り持ってくれているところが、本当にかっこよくてときめかざるを得なかったです。自分だったら、十中八九楓くんから和葉くんに乗り換えてしまいそうだなと思いました。高校時代の話をしてくれた時、なんてこの人は良い人なのだと、まるで神に出会ったような感覚になったほど、和葉くんにゾッコンです。

ラストの濃厚で甘美的で、それでいて官能的なキスシーンに心拍が一気に速くなったのは言うまでもありません。これまでの時間を埋めていくかのような激しさと熱の篭ったキスの連続は、自分にとってはかなり刺激が強く、直視するのが大変でした。あの流れのまま蜜ちゃんが拒まずに続けていたら、とても心臓が持たなかったことは確実であり、ある意味ストップをかけてくれて良かったです。蜜ちゃんにしろ、自分にしろ、まだ心の準備ができていません。

蜜ちゃんがのりかちゃんとすっかり良い友人関係を築けているところに、ほっとしつつ心底羨ましくなってしまいました。大抵の場合、相談を持ち掛けられても、面倒くさく感じてその場しのぎの差し障りのない言葉だけを掛けて逃げてしまいそうなものの、ちゃんと向き合ってアドバイスをしてくれるのりかちゃんの優しさに惚れ惚れせざるを得なかったです。また、誕生日を迎えたことを知ってポケットからお菓子を取り出して渡すシーンが微笑ましくて、良いなと思いました。

『モトカレ←リトライ』4話:4月28日放送

(川津明日香)は意を決しモトカレ楓(鈴木仁)にリトライ!晴れて二人は付き合うことに。親友ののりか(中村里帆)に背中を押されるも、久しぶりの恋愛に二人ともドギマギ。リトライ初日なのに楓は親友の和葉(吉田仁人)を優先して、なんかモヤモヤ。またもや蜜のネガティブな妄想は膨らみ続ける……。オトナの関係がまだであることの焦りはつのるが、ちょっと派手目な下着と香水もつけて準備万端。渡されたばかりの合鍵で楓の部屋に入り帰りを待とうとすると、そこには――。

楓くんとみっちゃんの、まるで付き合いたての中学生カップルみたいな初々しさが、めちゃくちゃ可愛かったです。楓くんに関しては、みっちゃんと違って少し前まで彼女がいたはずなのに、何故だか付き合うこと自体がよく分からなくなっているなんて、どんだけみっちゃんに首ったけなのかとツッコミを入れたい衝動に駆られました。好きすぎていつもの冷静さをすっかり欠いてしまう、これぞまさしく恋愛の醍醐味っぽくてたまらなかったです。

あれだけいい雰囲気になっていたのにも関わらず、結局何も出来ずに帰ってしまうなんて、随分と惜しいことをしてしまったなと思いました。もっとも、無理してまで繋がったところで果てしてそれが良い結果をもたらすとも言えません。つまりは、2人の判断は一概に悪いものではなかったのかもしれません。2人には2人のペースがあってしかるべきだし、それを温かく見守っていくことこそ、我々視聴者に課せられたある種の役目なのかなと思いました。

みっちゃんの立場からしたら、何かと不安になってしまうのも無理はないだろうなと共感せざるを得なかったです。1度は付き合っていたとは言え、随分と間が空いていたし、そんでもって元カノの存在をしっかり把握しているという、不安になる条件が山のように積もり積もっているのは、相当きつい状況としか言いようがありません。見ている側としては、心の中でエールを送ってあげることしかできないため、もどかしい気持ちになりました。

原作を読んだ後でのテレビ視聴でしたが、結構、原作が言いたいことがうまく表現されていて良かったと思います。 でも、ちょっと、男女とも美化されすぎていたかな? だいたい、そもそもの設定が、田舎娘の大学生が東京で一人暮らしするところがいいですよね。 うちの隣にもこんな子が引っ越してきてほしい! でも、このドラマを見ていて、理想的な男子ってなんなんだろう?料理ができること?優しいこと?などと色々と考えてしまいました。

今回も密さん個人レッスン専用で妄想内登場してくれた四月一日教授でしたが、テーマである楓くんと和葉くんの関係性はどれも密さんにとってバットエンドばかりで、そんな密さんどんよりモードへ再突入?な不安も、楓くんの授業中めっちゃ検索した!デートプラン発表で吹き飛ばしてくれたのに、正式に付き合い始めた2人を静かに見守ってくれていると信じたかった和葉くんが、まさか楓くんの部屋でキスをして来るとは、自分の方がみっちゃんを大事に出来ると思うようになったと言いながら、伴わない矛盾した行動を起こすのかとモヤッと感が拭えませんでした。

『モトカレ←リトライ』5話:5月5日放送

(鈴木仁)にキスされると蜜(川津明日香)の脳裏によぎるのは和葉(吉田仁人)。蜜は和葉に強引にキスされたことを言い出せない。楓の親友だしなんだか色々気まずい…!和葉に気持ちは本当だと告げられると、恋愛初心者の蜜には難しすぎる恋のお題に蜜はさらに混乱!いっぽう、事情を知らない楓はそんな蜜の態度をみて思案顔。避けられているのではないかと、違和感を覚えずにはいられない。思いつめた矢先、現れたのは――。(引用元:公式サイト)

相手の言うことをそのまんま信用してしまうみっちゃんが危なっかしくて、さすがに心配せざるを得なかったです。和葉くんにもそう指摘を受けていたし、もう少し人を疑うことを覚えた方が何かとみっちゃんの為になるのかなと思いました。でも、和葉くんに迫られたとき、ちゃんと「やめて」と拒否することかできたのは偉かったです。その場の空気に流されずに自分の口で言えたのは、本当にすごいなと手放しに褒めてあげたくなりました。

とにもかくにも、和葉くんの強引さに心を奪われてしまいました。もとより楓くんよりも和葉くん推しだったため、いつ奪われたところでおかしくはなかったけれど、楓くんの部屋でサラッと宣言をかましてきたところでノックアウト状態となり、もう完全に和葉くんしか見えなくなりました。ドラマとしては楓くんとみっちゃんが上手くいくのがセオリーだと分かっているものの、心のどこかで和葉くんに揺らいでくれないかなと期待せずにはいられなかったです。

楓くんという紛れもない親友の存在がありながら、みっちゃんへのアプローチをグイグイしてくる和葉くんが最高でした。タイミングを見誤れば楓くんとの関係は崩壊してしまうけれど、やはりそのへんは上手く調整している感じが、如何にもやり手っぽいオーラを醸し出していて、恋愛偏差値高いひとあるあるのそれだなと思いました。個人的には、和葉くんがこのままグイグイ押してきて楓くんから奪ってしまう展開も見ていたいと思いました。

これまでは、みっちゃんが悩んでいる時しか謎の講義は繰り広げられなかったのに、ここに来て楓くんの方にも謎の講義が繰り広げられることになるとは、完全に予想外でした。率直に、あの講義をしてくれている人が何者なのか、ちっとも分からないけれど、毎回ひとつの答えを出してくれるという意味では、キーキャラとして重宝する必要があるのかなと思いました。もっとも、その風貌からして怪しさ満点なことに変わりはなかったです。

何かとみっちゃんと楓くんの仲を引き裂こうとしてきたはずの仁菜ちゃんだったはずなのに、実のところはめちゃくちゃ優しい女の子説がにわかに浮上してきて、嫌いになりかけていた自分としては、激しく動揺してしまう始末。普通、初めてがどうだったかなんて、元彼に聞かれてすぐに答えてあげられる女の子はそうそういないし、ましてや最近まで楓くんに対して不快になるほど執拗に構っていた女の子とは到底思えなかったです。中盤に来て好きな登場人物が増えて嬉しくなりました。

『モトカレ←リトライ』6話:5月12日放送

和葉(吉田仁人)との一件が落ち着き、遂に結ばれた楓(鈴木仁)と蜜(川津明日香)
楽しかった夏休みはあっという間に終わり、楓、蜜、和葉、のりか(中村里帆)は4人でキャンプへ行く計画をたてるが、そこに楓のモトカノ、仁菜(えなこ)がついてきて5人で行くことに。仁菜は楓のカノジョだったころの話をネタに、蜜に攻撃をしかけてくる。さらにはストーカーに狙われていると楓に恋人のふりを依頼する仁菜。もやもやする蜜に、怪しい男、乍(水間ロン)が声をかけてきて――。(引用元:公式サイト)

楓くん、みっちゃん、和葉くん、のりかちゃんの仲良い者同士の絆の深め合いみたいな素晴らしい空間にいる水を差すかのごとく現れた仁菜ちゃんを睨みつけてしまったのは言うまでもありません。こればっかりは、無理からぬことです。前回のことが一件落着して、あとは楓くんとみっちゃんがラブラブなところを有難く拝むだけだったらどれだけ良かったかと、落胆せざるを得なかったです。ここに来てまで邪魔者にイラッとさせられるのは不本意だなと思いました。

キャンプ仕様だから、あえてなのかもしれないけれど、みっちゃんが着ている鮮やかな緑のニットのベストが目に付いてしまいました。お世辞にも可愛いとは程遠いファッションで、もし私が彼氏である楓くんの立場だったら、秒で萎えるのは確実です。待ちに待ったキャンプ当日に、目の前に現れた彼女があんなおかしな格好をしていたら、みっちゃん以外の女の子、すなわち仁菜ちゃんとかのりかちゃんに目移りするだろうなと容易に想像がつきました。

みっちゃんと楓くんカップルが最高にお似合いなのは言わずもがなではあるけれど、仁菜ちゃんが楓くんに意図的に距離を詰めてきた時に、ふと「あれ、やっぱりこの2人もお似合いじゃない?」と一瞬だけ思ってしまいます。楓くんにしろ仁菜ちゃんにしろ、ビジュアル的にはどちらも申し分ないからなのか、みっちゃんのことがなかったら、2人のことを推していたかもしれません。そこまで考えて正気を取り戻し、楓くんはみっちゃんだけだと思い直しました。

正直なところ、みっちゃんがいる前で付き合っていた頃の話を持ち出してくる仁菜ちゃんは、すごく卑怯な女としか思えなかったです。みっちゃんが不安になったり嫌な気持ちになることを見越した上でやるなんて、本当に大概にして欲しいし、なんなら金輪際関わらないでくれと言いたい気持ちが爆発しかけました。しかしながら、大学が同じである以上、必要最低限の関わりは続いてしまうというのが、実に残念でなりません。いっそのこと退学して欲しいくらいです。

楓くんに未練があるから、しつこく密さんに絡んで来るんだなと安直に受け取っていたけれど、落ち込んでボロボロ状態だった楓くんをそばで支えていたのが仁菜さんだったとは、なのにそんな過去なんて丸っとなかったみたいに、一度は楓くんから逃げ出したいいとこ取りをしている密さんへ、2人がまた付き合えていることがいかに幸せであるかを、日頃からツンが多めな仁菜さん的にはちょっと意地悪な伝え方をしたかったんだろうけれど、隠しきれない本質にある優しさが感じられました。

『モトカレ←リトライ』7話:5月19日放送

半同棲生活を始めた楓(鈴木仁)と蜜(川津明日香)。朝起きたら大好きな人がいるなんて最高!だけど、将来についてはちょっと不安。のりか(中村里帆)は美術館巡りに忙しく、仁菜(えなこ)はライターを目指している。和葉(吉田仁人)は会社を立ち上げてなんと社長に!みんな段々と大人になっていく。楓と蜜は将来なにをしたいか、ぼんやりとしたままだった。そんな時、蜜の父・昌(眞島秀和)が訪ねてくる。「二人の将来」を問われ、楓は動揺を隠せない。さらに楓は野球部時代の水野先輩(綱啓永)に再会し、閉ざしていた野球への想いと向き合いはじめ――。(引用元:公式サイト)

準備中

※8話目以降も順次公開をしていきます。

ドラマ『モトカレ←リトライ』の見逃し配信はParaviがおすすめ!

2022年4月7日に放送が開始される木曜深夜ドラマ『モトカレ←リトライ』。超人気コスプレイヤー「えなこ」さんの出演に注目が集まっています。こちらの番組を見逃してしまった方も大丈夫。動画配信サイトを活用してお家でゆっくりと鑑賞することができます。

今回ご紹介してきたParaviはTBSテレビ系列やWOWOWなどの動画を主に取り扱っている配信サイトです。TBSテレビといえばドラマのみならずバラエティにも強いテレビ局ですよね。「あのシーン、もう一度見たいな」なんて夢もすぐに叶います。

ドラマ『モトカレ←リトライ』の振り返り動画は、是非Paraviで楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です