探偵が早すぎる2|再放送の日程と見逃し動画配信で一気見する方法【2022年春ドラマ】

2022年4月14日から放送が開始される日本テレビの木曜ドラマ「探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~」。

滝藤賢一さんと広瀬アリスさんのW主演のドラマで、今回の放送がシリーズ第二弾となります。

「探偵が早すぎる」はhuluで視聴が可能ですが、テレビで放送されている内容の他に「huluオリジナルストーリー」の配信が開始しています。huluだけで楽しめるこのストーリーの内容についても調査しました。

この記事では、2022年春ドラマの中でも最も注目されているこちらのドラマの、放送日時と再放送の日程に加え、無料で視聴をするための方法を紹介していきます。

また今回放送の前作である「探偵が早すぎる1」の全話あらすじと見逃し動画の配信情報も公開しています。要チェック!

『探偵が早すぎる』はどちらのシリーズともに「hulu(フールー)」にて見逃し配信があります。つまりhuluに入会すれば「探偵が早すぎる」の1,2ともにその全話が見放題で楽しめるということになるのです!これは一気見したい人にはたまらないですよね。

しかもhuluには14日間の無料期間があり、ドラマ「探偵が早すぎる2」の他にも、日本テレビ系のドラマやバラエティ、アニメ、映画など幅広いジャンルの動画が見放題になる、とってもお得な動画配信サイトなのです。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 公式サイト 
2週間無料 hulu

『探偵が早すぎる2』は放送後1週間以内であれば、Tverで無料で動画を視聴することができます。ところが、「放送から1週間以上経ってしまった・・」という場合はhuluの無料トライアルを利用して『探偵が早すぎる2』を視聴しましょう。

 

\huluで独占配信/

 

2週間以内の解約で無料で視聴できます

話数 全10話
放送年 2022年
制作著作 読売テレビ
放送局 日本テレビ
原作 井上真偽『探偵が早すぎる2』
脚本 宇田学
プロデュース 沼⽥賢治
演出 瑠東東一郎
湯浅弘章
本田隆一
キャスト 千曲川光 – 滝藤賢一
十川一華 – 広瀬アリス
橋田 政子 – 水野美紀
制作協力 ホリプロ
外部リンク 公式サイト/Wikipedia/公式Twitter

あらすじ:千曲川は犯罪を未然に防ぐ、史上最速の探偵。端正なルックスを持つが偏屈な性格。年齢・国籍ともに不明で、神出鬼没。トリック返しをモットーとしており、犯人たちは、ターゲットに仕掛けようとしていたトリックを自ら被る羽目になる。事件の推理は早すぎるが、食事をするのは異様に遅い。

一方の十川は父親の死により、5兆円の遺産を引き継ぎ、大学卒業後は結晶学の研究所の職員として働いている。
千曲川に何度も命を助けられるが、いつも言い争いばかりしている。勝気な性格だが、どこか繊細なところもある。

一瞬たりとも目が離せない!痛快コメディ・ミステリー!

引用元:公式サイト

目次

ドラマ『探偵が早すぎる2』の地上波での放送日時

『探偵が早すぎる2』の放送日時はこちらです。

番組名 探偵が早すぎる2
放送開始日 2022年4月14日(木)スタート
放送時間 23時59分~
局系列 日本テレビ系列

今回の放送は実は前回の続編のシリーズ第二弾!第一弾の時にはhuluお得意のチェインストーリーがありましたから、恐らく今回の第二弾でも同じ仕様でくることが予想されます。そのため事前にhuluを登録しておけば、十分にこのドラマを堪能することができるでしょう。

ドラマ『探偵が早すぎる2』の再放送の日程を調査

『探偵が早すぎる2』のスペシャルドラマの再放送の日程を、地方放送局を含めて調査してみました。その結果がこちらです。(地方局は日本テレビ系列のテレビ局に絞っています)

北海道・東北地方

テレビ局 再放送日程
札幌テレビ放送 ×
青森放送 ×
テレビ岩手 ×
秋田放送 ×
山形放送 ×
ミヤギテレビ ×
福島中央テレビ ×

関東・中部地方

テレビ局 再放送日程
日本テレビ ×
山梨放送 ×
テレビ信州 ×
テレビ新潟 ×
北日本放送 ×
テレビ金沢 ×
福井放送 ×
静岡第一テレビ ×
中京テレビ ×

近畿・中国・四国地方

テレビ局 再放送日程
よみうりテレビ ×
西日本放送 ×
広島テレビ放送 ×
日本海テレビ ×
山口放送 ×
四国放送 ×
高知放送 ×
西日本放送 ×
南海放送 ×

九州・沖縄地方

テレビ局 再放送日程
福岡放送 ×
福岡放送 ×
長崎国際テレビ ×
熊本県民テレビ ×
テレビ大分 ×
テレビ宮崎 ×
鹿児島読売テレビ ×

以上のように、まだ地上波による再放送の日程は決まっていません。では見逃してしまった場合に、どのように番組を視聴したらよいのか。その方法を次にご紹介します。

ドラマ『探偵が早すぎる2』の見逃しを無料視聴できる配信サービス・サイトまとめ

『探偵が早すぎる2』を視聴することができる配信サービスを一覧でまとめました。

配信サイト 配信 月額料金 無料期間
U-NEXT × 2,189円(税込) 31日間
hulu ◯:独占配信 1,026円(税込) 14日間
Amazon × 500円(税込) 30日間
FOD × 976円(税込) 2週間
TSUTAYA TV × 2,052円(税込) 30日間
dTV × 550円(税込) 31日間
AbemaTV × 960円(税込) 2週間
music.jp × 1958円(税込) 30日間
TELASA × 618円(税込) 15日間
Paravi × 1,017円(税込) 14日間
Netflix × 990円(税込) なし
◯:無料で観れる(ポイント・チケット含)
△:随時課金が必要
×:視聴不可
放送後の配信スケジュール

『探偵が早すぎる2』の動画はhuluにて見放題配信中となります。また、放送されて1週間以内であれば、GYAO!、Tverのサイトで登録不要かつ無料で視聴することができます。見逃し配信は次のようなスケジュールで放送されます。

配信サイト 配信のタイミング
hulu 放送後~
TVer 放送後1週間
GYAO! 放送後1週間

番組が放送後1週間を経過してしまうと、TVerとGYAO!での視聴が出来なくなります。是非この機会にhuluで『探偵が早すぎる2』を視聴しましょう!

huluで『探偵が早すぎる2』の見逃し配信を無料で見る方法

huluは日本テレビの関連会社が運営する動画配信サービスです。そのため日本テレビで放送されるドラマや映画が地上波放送後に見放題で配信されています。今回のドラマ『探偵が早すぎる2』も見放題のうちの一作品としてで楽しむことができます。

huluはアニメやドラマなど約10万本の作品を視聴することができる配信サービスで、月額料金は1,026円(税込)と安く、また2週間の無料お試し期間があるのでその間は料金がかかりません。

ポイント
無料体験期間は新規登録者を増やすためのシステムなので、こちら側もその仕組みをうまく利用してしまいましょう!

またhuluは他の配信サービスに比べて、海外ドラマの最新作をいち早く見ることができるのも特徴です。

さらにバラエティ作品も充実していますので、様々なジャンルの動画を視聴出来ちゃいます!

ダウンロード機能もありますので、移動時間などに視聴することも出来ます。

他にも子供用の番組や視聴時間を制限することができるキッズプロフィール機能もあるので、ご家庭によっては設定するのも良いですね!

huluの簡単解説

  1. 2週間の無料お試しキャンペーンに登録
  2. 見放題作品を好きなだけ楽しむ
  3. 必要なければ無料体験期間中に解約

『2週間の無料トライアル』はこちら!

\huluで無料視聴/

14日以内の解約で無料で視聴できます。

その他huluの特徴を表でまとめると次のようになります。

月額料金 1,026円(税込)
無料お試し期間 2週間
見放題作品数 100,000本以上
テレビ視聴 可能
再生機能 0.75~1.75倍/0.25倍刻み
画質
  • 通信節約
  • 最低画質
  • 低画質
  • 中画質
  • 高画質
  • 最高画質(4K)
DL機能 可能
同時視聴 不可
無料期間中の解約

日本テレビ系のドラマの振り返り放送はもちろんのことですが、huluではオリジナル作品の視聴にも力を入れています。例えば、放送ドラマの1.5話などのチェインストーリーというものですね。ドラマの内容を更に深く楽しむために、こうした工夫を取り入れているのです。

その他にも海外ドラマや邦画・アニメなどにも強く、その見放題作品の数は10万本を越えます。よくNetflixと比較されますが、動画配信サイトの最大手であるNetflixと比べても遜色ないサービスの充実度であるといえるでしょう。

ドラマ『探偵が早すぎる2』の動画が見たい場合は、ぜひhuluの無料お試し期間を利用してみてくださいね。

TVerで『探偵が早すぎる2』の見逃し配信を無料で見る方法

TVerは民放テレビ局が運営している動画の配信サービスです。最大の特徴は「無料」であることと「複数のテレビ局の番組を楽しむことができる」という点です。ただし、その期限は基本的に番組の放送終了後1週間に限られるという制約もあります。

ただし、テレビ番組はドラマにしろバラエティにしろ基本的に1週間ごとにリフレッシュしていくものなので、正直「1週間の見放題」というのは必要十分な期間であるといえるのかもしれません。また配信されている動画は、煩わしい会員登録などもありません。サイトを開いてみたい番組を選ぶだけ。誰でも簡単に扱うことができるサービスなのです。

もちろん、ドラマ『探偵が早すぎる2』も放送終了後1週間楽しむことができます。

GYAO!で『探偵が早すぎる2』の見逃し配信を無料で見る方法

GYAO!はYahoo!が運営する動画配信サービスです。基本的な仕様はTVerと同じで、利用者の会員登録なし。動画の見放題は、地上波放送後の1週間に限定されるということ。フジテレビなどのドラマも視聴することが可能となっています。

ドラマ『探偵が早すぎる2』も例外なく、放送終了後1週間楽しむことができます。

探偵が早すぎる2|全話(1話〜最終話)までのあらすじ

『探偵が早すぎる2』全話(1話〜最終話)までのあらすじを紹介します。

『探偵が早すぎる2』1話:4月14日放送

化粧品会社の研究施設で働く一華(広瀬アリス)は、5兆円もの遺産を相続したものの自由に引き出すことができず、相変わらず家政婦の橋田(水野美紀)と2人暮らしをしていた。
一方、事件が起こる前にすべてを読み解り、事件を未然に解決する犯罪防御率100%の探偵・千曲川(滝藤賢一)は、相変わらず金もないのに飲み歩いていた。そんな中、千曲川の前に、仕事の依頼をしたいという女性・美津山秋菜(宮崎美子)が現れる。菜は美津山財閥の会長で、孫の宗介(萩原利久)、葉子(木下彩香)と暮らしていた。
秋菜は先日、乗っていた車のブレーキが何者かによって細工されていたことが原因で交通事故に遭い、危うく命を落とすところだったと語る。その裏には、美津山家の遺産相続問題が絡んでいるようだった。
秋菜の夫は、海運業を営む大資産家だったが、2年前に他界。秋菜の子供たちは、父親が生きている頃から遺産を狙っていた。(引用元:公式サイト)

一華と千曲川の小学生のようないがみ合いが相変わらずで、命を狙われている緊迫した状況なのに笑いが止まりませんでした。橋田は日常に戻っただけと言っていたけど、やはり降って湧いたような遺産相続には違和感しかないし、何か秘密がありそうだと思いました。特に、宗介は一華のことを怪しんでいたし、何が起こっても全く動じないし、何となくラスボス感を漂わせていて少し怖かったです。とはいえ、サスペンスなのに安心して見れるところが、この作品の良さだなと改めて感じました。

前シリーズに引き続き千曲川のちゃらくて軽くて面白いキャラクターが健在だった事に今回の新たなシリーズになってもまたあの千曲川が帰ってきたと嬉しく思いました。橋田と十川のキャラクターも大変面白いのですが、3人がそれぞれ違うタイプの面白さがあるのも魅力的です。冒頭の千曲川が女性からお金を巻き上げられるシーンで中森明菜さんの懐かしい大ヒット曲が流れていたシーンには令和の新作ドラマでも昭和を感じる事ができ昭和生まれにとっては感慨深いものがありました。

相変わらず、顔芸のバラエティ番組のような展開で、間の取り方の絶妙さが秀逸でお腹を抱えて笑ってしまいます。水野美紀さんのニヤリ顔の面白さと、広瀬アリスさんのすべてのものを受け取って笑いに変えていく姿勢の戦いが面白いです。家族の各々の行動と言動の怖さにドキドキハラハラしつつ、千曲川さんはその時何をしているのかを想像しながら見ていくのが楽しいです。シーズン2にもなって、シュールなものを次々に出してくる感じ、癖になります。

前シリーズと同じく千曲川のトリック返しが華麗で面白かったです!自分の実の母親を事故に見せかけて殺そうとする4兄弟の残酷さにぞっとしますが、どこか憎めない4人なのも役者の皆さんが魅力的だからかなと思いました。一華ちゃんも今回は自分にはほとんど関係ない美津山家の遺産を相続することになり巻き込まれてかわいそうですが、千曲川とのコンビはやはり楽しいです。一華ちゃんとは小学生みたいな口喧嘩するのにトリックをいち早く見抜いてしまう千曲川のギャップが最高ですね!

探偵が早すぎるでは、事件を未然に解決する犯罪防御率100%の探偵である千曲川が活躍しているシーンが印象に残りました。美津山秋菜が殺害されそうになってしまっていたところを、未然に防ぐことができたシーンを観て、素晴らしいと思いました。どのように殺害をしようと考えていたのか推理していたのですごいと感じました。滝藤賢一さんの演技力はとても素晴らしく感じられて良かったです。第1話から関心を持って観ることができる内容でした。

『探偵が早すぎる2』2話:4月21日放送

美津山財閥の財産を受け取ることになった一華(広瀬アリス)。彼女は、財産目当ての美津山家の兄妹達から命を狙われ、千曲川(滝藤賢一)が再びボディガードを務めることに。
一華は、またしても千曲川に付きまとわれるのかと橋田(水野美紀)に不満をぶつける。
橋田は、そんな一華を涼しい顔でたしなめる。
千曲川は、朝から晩まで一華の周辺に出没する。予測不能な千曲川の行動に、一華は振り回されるばかり。(引用元:公式サイト)

千曲川の事が嫌いで、近くにいると恋もできないと一華は言いながらも、千曲川がいないと何かが起こると知っている一華の不安は、何度味わっても怖いものは怖いですよね。千曲川か事件を未然に防いでくれると知っていても、何が起こっているのかわからないのが不安で、カツ丼もって焦ってしまうのも仕方ないです。美津山家の長男は一華を発火させようと企てましたが、千曲川のおかげで助かりました。ただ、白衣を変えるだけでいいのに、わざわざ絶縁スプレーでの防御は、ヒリヒリ感が好きな千曲川ならではで笑っちゃいました。仕掛けた相手にやり返す所、服に仕掛けがあると見せかけて噴水の水に飛び込む所を見越してウオッカで発火は、ギリギリ焦らせる所が面白かったです。一華は好きな人に誤解されてしまってる気がするので、狙われては中々恋ができませんね。

第2話では、広瀬アリスさん演じる一華の活躍に期待してドラマを観ることができました。美津山財閥の財産を受け取ることで、意外と大変なことが起きてしまうと感じられました。美津山家の兄妹達から命を狙われてしまい、どうなってしまうのかきになりました。千曲川がボディガードとして活躍することでどんな展開になっていくのか注目して観ることができました。滝藤賢一さんの演技力がとても素晴らしく感じられ、面白いシーンがあった点が良かったです。

個人的には、探偵物=理屈をこれでもかと言うほどこねくり回して複雑化していくというイメージを持っているため、本作のように諧謔心に富んだ探偵物は極めて珍しく目に写り、見やすくてとても好ましく思うかぎりです。ほどほどの難易度であるため、必要以上に頭を酷使しなくて済むのは、視聴者サイドとしては大変ありがたいことに違いありません。また、登場人物の個性がたっている点についても、高く評価せざるを得ないなと思いました。

やはり、広瀬アリスさんと滝藤賢一さんの相性の良さは、何の誇張もなく舌を巻いてしまう程度に達していて、このドラマのキャスティングは絶賛せざるを得ません。お互いには主役級の類まれなる才能を有した演者であるにもかかわらず、お互いの個性を潰し合うことはなく、むしろ引き立たせているのが、画面を隔てたこちら側にも伝わってきて、本当の意味での演者としてのすごさを思い知らされた気分です。ストーリー以外の面でも満足度が高いドラマだなと思いました。

朝っぱらからメロンをナイフとフォークを浸かって豪快に食している広瀬アリスさんが個人的にはかなりツボでした。そして、愚痴を零しながらもその手を止めようとしない、見ていてスカッとするような清々しささえ感じられて良かったです。また、メロンを口に運んでしっかりとその味を堪能している時の気品が漂っている顔もめちゃくちゃ好きだなと思いました。咀嚼音が聴き取れるのも、たまらないとしか言いようがなくて、開始数分ではやくも満たされました。

『探偵が早すぎる2』3話:4月28日放送

千曲川(滝藤賢一)は、一華(広瀬アリス)の希望に添って目立たないように警護をする。逆に、それが一華にはうっとうしくてたまらない。
橋田(水野美紀)は秋菜(宮崎美子)から、美津山家の子供たちの話を聞く。長男の宗太(和田聰宏)は宗介(萩原利久)と葉子(木下彩音)の父であり、秋菜にとって頼れる跡継ぎだったが、5年前に失踪してしまった。秋菜は、宗太がいてくれたら相続争いなど起こらなかったのにと嘆く。
一華殺害計画に失敗した純三郎(永野宗典)が重傷を負ったため、残された二郎(和田正人)、成美(MEGUMI)、明日香(ソニン)は、次なる計画について話し合っていた。二郎は、過去に5兆円の遺産を相続した一華を狙った財閥の一族が次々と不幸に見舞われたことを知り、すべては千曲川の仕業で、自分たちも同じ目に遭っているのだと気付く。そんな中、明日香が「今度こそ仕留める」と一華殺害に動き出す。
一華は、大谷(塩野瑛久)と真央(新條由芽)を連れて再び宗介のバーを訪れた。大谷は、一華と真央をキャンプに誘う。話を聞いていた宗介と葉子も行きたいと言い出し、みんなでキャンプに行くことに。
キャンプ当日、一華と一緒に、なぜか橋田が付いてくる。さらに千曲川もキャンプに加わり、一華は困惑。テント張りから食事の支度まで橋田が仕切り、千曲川は余計なことをして橋田に叱られる。キャンプでも千曲川と橋田に振り回される一華だったが、あるアクシデントから大谷と良い雰囲気になり…。
キャンプ場には、従業員になりすました明日香が潜入。明日香は、思いがけない方法で一華を殺そうと企んでいた――!(引用元:公式サイト)

一華のそばで目立たないように警護する千曲川でしたが、微かに人の気配を感じさせるところが千曲川らしかったです。そんな千曲川にコーヒーをかけられて静かに怒る一華の何とも言えない表情がよかったです。一華のことを調べた美津山家の兄妹たちでしたが、内輪揉めする二郎と成美を見て、今度は明日香が立ち上がりましたね。5兆円のことを葉子にバラされそうになった一華の、5匹の蝶でかわすところに不覚にも笑ってしまいました。

今回美津山家の次女が狙っている中でキャンプに行くことになり心配してましたが、橋田や千曲川がいれば安心ですね。3人の男に絡まれたときに話は宗介と大谷が助けてくれました。大谷は一華の事が好きなようですが、宗介は誰にも優しいんですね。明日香も千曲川に未然に見つかりトリック返しされてしまいましたが、そんな明日香も宗介は助けようとしてましたからね。千曲川は一華を助けながらも一華へのちょっとしたトリック返しもうまかったですね。一華の恋の行方や宗介の気持ちも今後気になります。

個人的には、鬱陶しいといった気持ちが顔にそのまま現れてしまっている広瀬アリスさんがめちゃくちゃツボでした。そういったパッと見て演じている人が何を考えているのかが誰から見ても察することが出来る、わかりやすい表現が本当に上手くて、それでいて可愛らしくも見えるところが最高としか言いようがありません。だからこそ、色んなドラマや映画などに引っ張りだこで忙しい日々を送っているのかなと思い至り、納得せざるを得なかったです。

今回主人公は、会社の同僚たちとキャンプに行くことに。もちろん家政婦と探偵も、キャンプに同行する。そこに、美津山家兄弟の次女が、きのこから作った毒で、主人公を狙う。テントの異変から危険を察知した探偵によって、いつものように毒は毒でと反撃され、殺害は未然に防がれるのであった。今回は、美津山家の長男が失踪していることが序盤で明らかになったが、ドラマの新しい展開に繋がっていくものだろう。ドラマ最後には、主人公に恋の予感が。長男の失踪と恋の行方、物語が少し動き出したそんな回です。

今回主人公は、会社の同僚たちとキャンプに行くことに。もちろん家政婦と探偵も、キャンプに同行する。そこに、美津山家兄弟の次女が、きのこから作った毒で、主人公を狙う。テントの異変から危険を察知した探偵によって、いつものように毒は毒でと反撃され、殺害は未然に防がれるのであった。今回は、美津山家の長男が失踪していることが序盤で明らかになったが、ドラマの新しい展開に繋がっていくものだろう。ドラマ最後には、主人公に恋の予感が。長男の失踪と恋の行方、物語が少し動き出したそんな回です。

『探偵が早すぎる2』4話:5月5日放送

一華(広瀬アリス)は、大谷(塩野瑛久)のことが頭から離れなくなり、恋の予感に胸をときめかせる。橋田(水野美紀)は、様子のおかしい一華を不審に思う。一方、千曲川(滝藤賢一)は、一華の浮かれ具合にあきれるのだった。
一華は大谷から、彼の大学の先輩で製薬会社に勤める江本を紹介される。江本は入浴剤の開発を手掛けていて、一華に商品開発に協力してほしいと依頼。大谷も一緒だと聞いて、一華は引き受ける。一華と大谷は、江本の会社の会議に参加。千曲川は、一華の行動を逐一見張っていた。
仕事を終えた一華と大谷は、宗介(萩原利久)のバーへ。良い雰囲気の一華と大谷を前に、気にしていない素振りの宗介。そんな兄を横目に葉子(木下彩音)は、大谷に一華のことが好きなのかと尋ねる。大谷は一華への恋心を否定せず、ますます浮かれる一華。その一部始終を見ていた千曲川は…!?
帰宅した一華は、江本から貰ったバスボムの試供品を風呂で使ってみることに。しかし、そのバスボムは、湯に入れると有毒ガスが発生する仕掛けになっていた。実は、江本が一華に商品開発への協力を持ち掛けたのは、一華殺害を企てる二郎(和田正人)の差し金だった。江本は、二郎に弱みを握られて言いなりになっていたのだ。
二郎は一華の家の風呂場の様子を伺いつつ、一華が死ぬ瞬間を待っていた。一華の危機にもかかわらず、千曲川は姿を見せない。ついに一華は、二郎の罠にかかって殺されてしまうのか――!?(引用元:公式サイト)

第四話では、一華が、大谷との恋について考えていて妄想してしまっているシーンが印象に残りました。橋田が一華の様子がおかしいことに気づいているシーンに面白さがありました。千曲川が一華のことを観ていて、浮かれ具合にあきれている様子が伝わってきました。千曲川が一華の行動を逐一見張っていたので、2人の関係に注目していくとドラマが面白くなってくると考えられました。一華に商品開発に協力してほしいという依頼があったので、頑張ってほしいと思いました。

広瀬アリスさん演じる一華ちゃんが明らかにときめいちゃって浮かれた様子なのがすごく可愛かったです。些か滑稽に見えなくもなかったけれど、このドラマならではのコミカルさも相まって微笑ましくなってしまいました。広瀬アリスさん自体、そこまで演技が上手とは言えないけれど、なにか魔法めいた不思議な磁力でも持っているのか、なんだか惹き込まれてしまいます。そして、演じている役のことを当たり前のように好きになってしまうのが常です。

一応は、探偵もののジャンルになっているはずなのに、全然堅苦しいところがなくて、むしろユーモアたっぷりに描かれているところがすごく好きだなと思いました。理屈を捏ねくりまわした挙句、細かな説明は一切せずに突き進むだけ突き進んでしまうタイプのドラマは数多くあるけれど、個人的にはこのドラマみたいに面白要素を所々にぶち込んで来てくれる方が、よっぽど好きになれます。楽しみながらドラマを見られることに喜びを覚えます。

滝藤賢一さん演じる千曲川さんのモジャモジャ頭が、なぜだか愛くるしく見えてくるのが時分でも割と不思議でなりません。ドラマが始まってすぐの頃は、「なんだこのへんちくりんな髪型」と、それはもうマイナスのイメージから入ってしまったため、まさかここまでプラスの感情を抱けるようになったことに自分でも驚くほかありません。千曲川さんの性格も相まってなのか、今ではもうお気に入りのキャラとして見るのが楽しみにもなっています。

今日は一華自体の危機はほとんどなく、千曲川とのやり取りは相変わらず面白く、落書きされていた所は大笑いしてしまいましたが、一華が好きな大谷の少し不審な動きは私も気になりました。千曲川も気づかないわけないですよね。江本の行動からバスボムに仕掛けがあるのは簡単にわかりましたが、一華が渡したボムが宗介に渡った事が一番の心配でした。千曲川に結局渡っていて一安心です。意地悪で一華には言わなかったんでしょう。一華を狙う兄弟はいつもトリック返しをされますが、その事も加味しながら作戦たてた方がいいのにと思いました。いつも毒物ですからね。大谷が今後どういう行動に出るのか見届けたいです。

『探偵が早すぎる2』5話:5月12日放送

千曲川(滝藤賢一)から、大谷(塩野瑛久)に命を狙われているのではないかと告げられて、心が揺れる一華(広瀬アリス)。一方、成美(MEGUMI)は、一華を殺すための毒を生成していた。宗介(萩原利久)のBarでサッカー日本代表の試合を観戦するイベントが開かれることになり、一華は大谷から一緒に参加しようと誘われる。イベント当日、一華は迷いながらも宗介のBarへ。店には、すでに千曲川と橋田(水野美紀)がいた。大谷は、一華にフェイスペイントを勧める。その様子を遠くからながめていた成美が、ほくそ笑む。ペイント液には何か仕掛けが?一華に最大の危機が訪れる――!?(引用元:公式サイト)

探偵が早すぎるでは、滝藤賢一さん演じる千曲川の活躍するシーンが印象に残りました。成美と一華の関係が気になり、注目して観ることができました。千曲川が突然、現れてしまうシーンに面白さを感じました。大谷に命を狙われているのか考えてドラマを観ることができました。フェイスペイントにどんな仕掛けがあるのか気になりました。春のトリック返しが面白い内容になっていてとても良かったです。サッカー観戦のイベントの誘いが気になり注目して観ることができました。

個人的に、広瀬アリスさんは大して演技が上手いとは言い難いけれど、不思議と目を引いてしまうところが多くて、気づくと食い入るように彼女の一挙手一投足から目が離せなくなってしまいます。演技の上手さで引きつけると言うよりも、元々ある女優としての資質が自然と演技をしている中で現れているのかもしれません。そのため、ここに技量がプラスされれば、まず間違いなくトップの座に君臨することは確実なような気がしてならなかったです。

とにもかくにも、探偵ものであるにもかかわらず、ユーモアを程よく交え、小難しい要素を極力なくしている点に好ましさを覚えている次第です。お世辞にも、頭の出来が良いとは言えない自分としては、このように誰が見ても理解しやすい構成にしてくれるのは、大変有難いことに違いありません。また、広瀬アリスさんや滝藤賢一さんなどの、見慣れたキャスト陣の演技を見ていると、どこか安心感のようなものを抱けるのも良いなと思いました。

葉子は本当に一華とお兄ちゃんがつき合って欲しいみたいですね。一華も何か悩んでるように見えましたが、宗介の存在のせいでしょうか。苦いお茶を一華にもっともらしく出す橋田が、自分も飲んでみてとんでもなく苦い顔をするのは台本通り?それともアドリブ?アドリブっぽいですよね。大谷の正体が気になって仕方がないです。やっぱり大谷は一華にとって危険な存在なのでしょうか?千曲川と美津山秋葉が一緒に居た最初のシーンがとても気になりました。

大谷が塗ったペイントには、美津山家の長女の作った毒が入っているよう。化粧品の会社にいる一華はよく見つけましたね。毒でまた美津山家の兄弟の計画はうまく行きませんでしたが、トリック返しの怖さを感じないんでしょうか。毒を入れた化粧水でトリック返しされてましたが、毎回毒ばかりで、トリック返しもあっさりですね。その割には意識がまだ不明と言う事で大変な結果ですが。大谷がどうして美津山家の兄弟とつながっているのかと思ってましたが、ただの試供品だったんですね。根本にお金を渡していたのも一華には関係なかったことで、疑ってしまったのは仕方ないです。大谷は疑われても怒ってるわけじゃなくて、逆に謝られるなんて、大谷は一華の事がずっと好きな事はわかり両思いで良かったです。宗介との関係も今後気になりますが、美津山家のお母様が急になくなってしまいましたが、人が倒れたのに喜んでいる美津山家の兄弟には絶対遺産あげたくありませんね。遺産の行方も今後またどうなるのでしょうか。

『探偵が早すぎる2』6話:5月19日放送

一華(広瀬アリス)は秋菜(宮崎美子)の葬儀に参列し、悲しみに暮れる宗介(萩原利久)と葉子(木下彩音)を気遣う。そんな中、二郎(和田正人)、成美(MEGUMI)、明日香(ソニン)、純三郎(永野宗典)が葬儀場を訪れる。彼らは母親の葬儀を利用して、一華だけでなく宗介と葉子の命まで奪おうと企てていた。千曲川(滝藤賢一)は二郎たちに、殺害計画を止めるようにとプレッシャーをかける。千曲川のトリック返しがトラウマになっている成美、明日香、純三郎は怯むものの、二郎は絶対に計画を成し遂げると意気込んでいた。
葬儀に現れた二郎たちを追い返そうとする葉子に対して、宗介は「好きにすればいい」と告げる。一華は、二郎たちの傍若無人な振る舞いに黙っていられなくなる。葬儀場に不穏な空気が流れる中、橋田(水野美紀)が間に入って穏便に収める。
千曲川は宗介に、二郎たちが宗介と葉子の命も狙っていることを伝える。宗介と葉子を守るのは契約外と千曲川に拒絶された宗介は、自分が葉子を守ると決意する。
橋田と葉子がお茶の準備をしていると、成美と明日香は代わりに自分たちがお茶を入れると言い出す。警戒する葉子を橋田がなだめて、成美と明日香に任せる。
一華たちの殺害計画は、着々と進んでいた。純三郎が成美と明日香に合流し、湯呑みの一つに液体を塗りつける。その液体は、口に入ると中毒症状を起こして1時間後には倒れてしまう毒物だった。
千曲川は、純三郎の企みを見破り、「未然に防がせてもらったよ。残念だったな」と純三郎に言い放つ。またしてもトリック返しが決まった…かと思いきや、なぜか千曲川が倒れてしまい――!?(引用元:公式サイト)

あまりにも突然の秋葉の死に、ありがとうを言えなかったと呟く京介の姿が切なかったです。秋葉の葬儀にやってくる美津山家の兄妹は相変わらず感じ悪かったですね。棺の中の秋葉が不憫でなりませんでしたが、きっと千曲川がやっつけてくれると信じています。今日のタイトルアップは千曲川の指でしたね。毎回楽しみどんなタイトルアップか楽しみです。橋田と千曲川のあの謎のサインを出し合うシーンが最高でした。一華の笑いは演技じゃなくガチなのかもと思うくらい面白かったです。

アホみたい作戦会議をしていた美津山兄妹が、葬式の席で作戦実行するシーンはめちゃめちゃドキドキしました。突然の橋田さんのスポーツスタッキングに、動揺を隠せない純三郎の前に千曲川がやって来た時には、思わず「待ってました!」と叫びたくなりました。でもまさか千曲川が倒れてしまうなんて…。全く予想していなかったのでとてもびっくりしてしまいました。不安な顔でいる一華の手を思わず握ってしまう京介の不器用さにぐっときました。

自分達の母親が亡くなったのに、まだお金の話、宗介達や一華を狙うために毒を使う兄弟達。そんな性格だから一華にも遺産を残そうとしたのでしょう。しかも弟を犠牲にさせ、千曲川を倒す事もうまくいった感じでしたが、そんな簡単に千曲川が倒れるわけないですよね。やはり千曲川はピンピンで、全部トリックなのは薄々気づいていましたが、久しぶりの大掛かりのトリックでこちらも騙されそうでした。抹香の量で気づき芝居をし、棺桶を爆破しようとしたと言う計画も全部見抜いていた所は凄いです。お母様が生きてた事には驚きましたが、アンドロイドとはもっとすごいトリックで、車爆破によるトリック返しもスッキリしました。宗介はいつも一華を守ってくれた事は好きなんでしょう。一段落と思ってたら、また違う刺客なんでしょうか。コメディーも満載でとっても面白かったです。

探偵が早すぎるでは、二郎、成美、明日香、純三郎が葬儀場で何を企んでいるのか注目して観ることができました。何かトリックでもあるのか気になりました。一華、宗介たちを殺害しようと計画しているシーンがあり、びっくりしました。湯呑みに毒を塗ることで宗介を殺害しようとしていて、何とか回避してほしいという気持ちでドラマを観ることができました。千曲川が企みを見破ることができるのか気にしながらドラマを観ることができました。

第6話では、一華は秋菜の葬儀に参列していて悲しい状況に感じられました。葬儀場で家族が揉めているシーンが印象に残りました。葬儀場で揉めてしまっていることには、びっくりしました。滝藤賢一さん演じる千曲川の活躍するシーンに面白さがあり見どころであると考えられました。千曲川が倒れてしまっているシーンがあり、大変な状況に感じられました。今までにないほどの最大の危機が訪れているように感じられ、どんな展開になるのか注目して観ることができました。

『探偵が早すぎる2』7話:5月26日放送

秋菜(宮崎美子)からの遺産相続を断ると決めた一華(広瀬アリス)は、もう命を狙われることもないと晴れ晴れしていた。橋田(水野美紀)は、改めて一華の意志を秋菜に伝えると約束する。一方、秋菜は一華をますます気に入り、遺産を渡す気持ちは揺らいでいなかった。
一華は、大谷(塩野瑛久)から映画に誘われる。今までなら、うれしくて二つ返事でOKするはずが、一華は断ってしまう。彼女は、宗介(萩原利久)に危ないところを助けられて以来、彼のことが気になっていた。
一華が宗介のバーに行くと、千曲川(滝藤賢一)がいた。守ってもらう必要もなくなったのに相変わらず付きまとう千曲川に、一華はいら立つ。一華は宗介に、助けてくれたお礼を言う。そこに宗介の婚約者・奈々(堀未央奈)が現れる。宗介と親し気な奈々に、一華の心はざわつく。自分は宗介と大谷のどちらが好きなのか、そして宗介の婚約者である奈々のことも頭にちらつき、一華は眠れなくなるほど悩む。

翌日、一華は大谷に誘われて食事に行くことに。宗介は奈々と一緒になるのだと、彼への思いを振り切ろうとする一華。大谷は一華から告白の返事をもらえていなかったが、「答えは急がなくていい」と告げる。そんな中、橋田が一華の研究所を訪れる。一華は研究所の入館証を忘れて、橋田に持ってきてもらったのだった。なぜか、千曲川も研究所に来ていた。仕事中も恋愛のことで頭がいっぱいになり、集中できない一華。その時、そばにあった実験器具から火の手が上がる。一華は、消火器で火を消そうとするが…!?
匿名性が高く簡単にはアクセスできないダークウェブ上で、何者かが懸賞金を懸けて一華を殺してくれる人間を募っていた。遺産相続の権利を失った美津山家の子供たちには、すでに一華を殺す動機がない。一体、誰が何の目的で一華の命を狙っているのか?
千曲川にも、まだ敵が見えていなかった。千曲川は一華に、敵をおびき寄せるためのある作戦を持ち掛ける!一方で懸賞金につられた林田(阿部亮平)と森本(山根和馬)は、一華殺害計画を実行していた――!(引用元:公式サイト)

再び命を狙われてる事が発覚した一華。黒幕を炙り出すために、彼女に想いを寄せている大谷さんとデートに。後ろめたさと命を狙われてる事による挙動不審満載な一華に対して流石の大谷さんも様子がおかしいとはっきりと伝え、隠し事があるなら話してほしいと言い出してしまいます。しかし一華は口を開きませんでした。そんなデートの裏ではいつものように暗殺者が事故に見せかけての仕込みを彼等の車付近に仕込みます。しかしながらトリック返しは華麗に執行されており、いつものように千曲川のよく分からない変装やら決め台詞により事件は未然に防がれました。そして黒幕を突き止める為家政婦の政子さんが暗殺者に詰め寄るのです。一方、狙われているのは一華だけではないようで、遺産相続候補の葉子さんも階段から突き落とされてしまいました。全く黒幕がわからない展開です。早く次回を観たい!

第7話では、広瀬アリスさん演じる一華の活躍するシーンに期待してドラマを観ることができました。一華が遺産相続を断ることを決めていて、どんな展開になるのか注目して観ることができました。一華が千曲川から逃れられるのか気になりました。一華と千曲川が口論になっているシーンに面白さがありました。人に対する優しさについて考えて観ることができました。一華が母への優しさを引き継いているように感じました。一華のこれからに期待していきたいと思いました。

もう命を狙われる心配がなくなったと安心しきっている一華でしたが、まさか一華に懸賞金が賭けられているなんて。橋田も千曲川も誰なのかわからないなんて、誰が一華を狙っているのか気になります。大谷とデートに行く一華がイチイチ小さな音に敏感になる姿に、見ている私までハラハラしちゃいました。大谷がさらっと言った「好き」に反応する一華が可愛かったです。もう千曲川の紛争見れないかと思っていましたが、エルビス姿の千曲川が見れて嬉しかったです。

今日も橋田さんワールド全開でしたね。真面目な顔でめちゃめちゃ面白いことを言うから、そのギャップにいつもやられちゃいます。もう一華のことを守る必要がなくなった千曲川でしたが、宗介のBARに一華がくるのを言い当てるのを見て、まだ一華のことを見守ってくれているのだと嬉しくなりました。一華の命を狙うあのチンピラたちを雇っているのが誰なのか気になります。消化器作戦に続いて、駐車場作戦もまんまと失敗するチンピラたちの姿が、美津山兄妹の姿が重なりました。

今回は、トリック返しというよりも、一華、宗介、大谷の三角関係が複雑な所が面白かったです。宗介にはナナと言うフィアンセがいて結婚の話には全く乗り気じゃないのに否定しない。大谷は一華を一途に好きで宗介が気になり、一華の周りで色んな事が起きてるのに一華には聞かない。一華は宗介が気になるのに、ナナの存在で眠りにつけない。そんな個々の思いがどうなっていくのかが良かったです。一華は消化器の猛毒で危なくなった所は、千曲川としても突然で驚いてましたが、懸賞金を誰がかけたのかが気になりますね。有毒ガスて殺そうとしていたリンダ達の計画はうまく行かないことはわかってましたが、橋田のが千曲川より怖かった所がまた面白かったです。一番面白いのは橋田、千曲川、一華の絡みのシーンがやっぱり毎回面白いです。

一華の命を狙っていたチンピラたちから黒幕を聞き出そうとする橋田がカッコよかったです。キレキレのアクションでカッコよさを出しつつも、ちょいちょい面白さを挟んでくるところに橋田を演じる水野美紀さんの力量を感じました。ここへきて登場した宗介の婚約者の奈々の存在がかなり気になりました。そんな奈々にざわつく一華を見て、やっぱり一華の気持ちは宗介にあるのだと確信しました。このドラマもいよいよ佳境に入りつつありますよね。一華が安心して幸せに暮らせる日がくるエンディングに向かって欲しいです。

『探偵が早すぎる2』8話:6月2日放送

一華(広瀬アリス)は研究所で起こった騒動の責任を問われて、研究所所長から休職を命じられる。このままクビになるかもしれず、千曲川(滝藤賢一)のせいだと怒る一華。千曲川は一華のクレームを受け流し、マイペースで一華の警護を続けていた。

そんな中、一華は橋田(水野美紀)から、葉子(木下彩音)が階段から突き落とされたことを知らされる。葉子は軽傷で済んだものの、犯人は分からない。一華は秋菜(宮崎美子)に、ダークウェブを介して命を狙われていることを伝える。葉子は、突き落とされた時に一華からもらったコートを着ていた。千曲川は、葉子が一華と間違えられた可能性があると指摘する。美津山家の財産を狙う誰かの仕業と考えられた。美津山家の子供たちの中で相続の権利を失っていないのは、現在失踪中の長男・宗太(和田聰宏)だけ。橋田は秋菜に、宗太について詳しく聞かせてほしいと告げる。秋菜は、宗太とトラブルがあったことを打ち明ける。

宗太が失踪する直前、彼の口座に数億円が振り込まれていた。それは海外の企業からの賄賂で、秋菜の夫・正太郎が激怒。しかし秋菜は、宗太の裏切りが信じられなかった。
橋田は、本当に葉子が一華と間違われて襲われたのか、確信が持てないでいた。彼女は、しばらくの間、美津山家で秋菜と葉子を守ると言い出す。ずっと橋田に頼り切りだった一華は、困惑。さらに千曲川が橋田の代わりになると言われ、一華の不安は募るばかり。

一華と千曲川は、同居生活を始める。一華の心配通り、千曲川は一華の身の回りの世話をするどころか、自分勝手に行動して一華を振り回す。
そして休職を命じられた一華は、宗介(萩原利久)のバーでアルバイトをすることに。
千曲川は、その傍らで飲んだくれていた。一華がすっかり酔いつぶれた千曲川を連れて帰ると、その背後から何者かが襲い掛かり――!?(引用元:公式サイト)

葉子ちゃんは本当に一華と間違えられて狙われたのでしょうか。橋田は葉子の父親に頼まれて美津山家に、入った気がします。一華もまだ狙われているので千曲川が張り付いていましたが、夜宗介に一華の事を任せた日がありました。そこでまたトリックを仕掛ける人物にトリック返しをしてると思ってましたが、一華以外は知り合いでも助けないんですね。本当に。確かに一華はペットボトルの装置が移動され、トリック返しまでされ助かりはしましたが、宗介が意識が戻らないくらいひどい症状。知ってたらなんでその前に止めないんだと私も思ってしまいました。何か理由があるのでしょうか。千曲川らしく感じませんでした。

今までもミステリアスで不思議な雰囲気だった宗介が今回はより怪しく感じました。一華ちゃんの報奨金のサイトにもアクセスしており、実は彼が狙っているのでは、という描写もありました。萩原くんの何を考えてるのかつかめない演技が最高ですね。橋田さんが美津山家にいくことになり、千曲川が一華ちゃんの家に同居することになりましたが、ふたりの掛け合いが最高でした。ごはんに出したのが黒焦げのチキンなのもすごいインパクトありました。最後は一華ちゃんを狙った男を千曲川がトリック返ししてしまいましたが、男が絶命したと思われるような感じだったので千曲川は大丈夫か心配です。宗介を助けなかったことを責める一華ちゃんでしたが、千曲川がそれは契約に入ってない、というところがドライで彼らしいと思いました。

第八話では、広瀬アリスさん演じる一華の活躍に期待してドラマを見ることができました。研究所で起こった騒動により一華が仕事を休職することになってしまい大変な状況に感じられました。一華は、仕事を休職になってしまったことを千曲川のせいだと考えていて、休職の理由について考えてドラマを観ることができました。葉子が階段から突き落とされてしまっていて、どうして事件に巻き込まれてしまったのか誰が犯人なのか考えて観ていました。

探偵が早すぎるでは、一華と千曲川が揉めているシーンが印象に残りました。2人が本当に同居生活を送ることができるのか気になりました。馬が合わない2人がどのように活躍していくのか注目して観ることができました。葉子が階段から突き落とされてしまったシーンを観て、びっくりしました。何者かに狙われてしまっているのか気になりました。財産目当てで事件が起きてしまっているので、何とか犯人を捕まえてほしいという気持ちで観ることができました。

一華の命を新たに狙う黒幕が誰なのか気になりました。まさか宗介?終始そんなのヤダと思う8話でした。大谷の時とおんなじで、宗介はきっと黒幕なんかじゃないと自分に言い聞かせています。いつもなら千曲川のトリック返しは、ちょっぴり笑えるけど、今回は少し違っていた気がします。亜鉛中毒で倒れた宗介の意識も戻らないし…。いよいよ物語は終盤に近づいているから、ここからはきっと怒涛の展開ですよね。橋田が秋葉と何かの契約?を交わしていたのも気になります。

『探偵が早すぎる2』9話:6月9日放送

千曲川(滝藤賢一)のトリック返しに巻き込まれた宗介(萩原利久)が倒れ、病院に運び込まれた。怒った一華(広瀬アリス)は、千曲川に契約破棄を突き付け「私の前に現れないで」と言い渡す。一華は宗介を心配するが、奈々(堀未央奈)に病院から追い返されてしまう。
意識を取り戻した宗介は、退院してすぐにバーへ向かった。宗介の代わりに一華、橋田(水野美紀)、葉子(木下彩音)が店を開けていた。宗介は、店のパソコンを橋田が使ったことに気付く。カクテルの作り方を調べただけだと答える橋田。そのパソコンには、ダークウェブの閲覧履歴が残っていた。
バーには千曲川が来ていなかった。宗介は一華に、千曲川はどうしたのかと尋ねる。一華は、千曲川ともめたことを打ち明ける。
一方、美津山家で暮らす橋田の前に、千曲川が現れる。橋田は、宗介がダークウェブを使って一華を狙った人物なのか、調べた結果を千曲川に伝える。橋田は、千曲川と一華の仲たがいを心配していた。

一華は、宗介と食事に行くことに。食事の席で宗介は何も話さず、周囲の様子を伺っている。一華は、宗介の不審な行動のせいで食事を楽しめない。千曲川が本当に一華の近くからいなくなったのか、確かめたかったと言う宗介。千曲川は、現れなかった。
翌日、大谷(塩野瑛久)とのデートで一華がバーのアルバイトを休む。その日のバーの営業が終わった後、奈々は宗介の気持ちを確かめようとする。しかし、宗介はそっけない。
一華は宗介に誘われて、食材の仕入れに付いて行く。車で郊外の農家を訪ねて野菜を仕入れた後、宗介は一華を寺に連れて行く。宗介は寺が好きで、各地方の有名な寺をめぐるのが趣味だった。
その寺には一華を狙う罠が仕掛けられていた。次々と危機に見舞われる一華。
しかし、千曲川は現れず――!?(引用元:公式サイト)

やはり一華に懸賞金をかけていたのは、予想通り奈々でした。自分に気持ちがないとわかって絶望する気持ちはわからなくもないですが、嫉妬から殺意にまで発展するのはさすがにやりすぎな気がしました。そして、最後には自殺未遂とか、宗介の気を引きたいのが見え見えで、完全な構ってちゃんにしか見えませんでした。宗介は一華にプロポーズまでしたし、さすがにここで引かないとは思いますが、まだ何か隠していそうなところが少しモヤモヤしました。

前回契約解除された千曲川がどうなるのか気になりましたが、なんだかんだで助けてくれる展開でほっとしたところがありました。お寺に潜入した一休さんの千曲川がキュートでした。あんなにミニスカートにしなくても!と思いましたが。一華の殺人計画をしていたのが嫉妬した奈々だと発覚しましたが、なんとなく読めた展開ではありました。自殺未遂したのはびっくりしましたが、彼女の切ない宗介への思いもちょっとつらくなりました。大谷さんか宗介か悩む一華ちゃんでしたが、一緒にいて楽なのはすっぴんでも大丈夫な宗介さんだったんですね。最後にハグのやり方を「月10とかでやってるじゃん!」と言ってしまう広瀬アリスさん大好きです。

宗介をトリック返しに巻き込んだことで一華の怒りを買い解任されたはずの千曲川が、ダークウェブを利用した一連の事件の黒幕を追い続け、相変わらず危機に巻き込まれる一華を救うと共に、彼一流の鮮やかな手口で反撃する様子が、時にコミカルにまたある時はロマンティックなテイストで綴られており、ギャグとスリルが交錯し続けるこのドラマ独特の世界を今回の放送でも満喫することが出来ました。宗介の婚約者・奈々が黒幕の正体と思わせながら、さらなる真の黒幕の存在を匂わすトリッキーで周到なストーリー展開も素晴らしく、次回の放送で事件の全貌をどうしても確認したくなる、見応えのあるエンターテインメント作品に仕上がっていたと思います。

宗介と一華の関係性は前よりも親しげに見えましたので、敵がいる寺にわざわざ一華を連れて行くのは気になってました。ただ宗介が犯人だと今まで一華を助けてきたのでどうしても怪しいとは思えませんでした。しかも相続放棄をしたことで、相続の問題で狙われる事もありません。寺で銃から避けたはずなのに、一華の服に血がついていたのは、わざとだと思ってましたが、全部千曲川の指示で宗介は動いていたんですね。ネットでナナの計画に気付いて千曲川とやり取りしていたとは。千曲川が近づくと一華は嫌がるので、宗介が助けトリック返しまでした所はとてもいい作戦でした。ナナは宗介の事を好きでやった事ではありますが、少し気の毒ではありました。すっぴんを見せられる宗介と見せられない大谷。千曲川の前の言葉で気づいたのでしょう。そして突然の告白からの一華と宗介の結婚、上手く行ってほしい思いましたが、ナナへのあとは俺に任せろとの最後の言葉、宗介は敵なのでしょうか。

第9話では、一華と千曲川が揉めてしまっていて、契約破棄を突き付けられてしまい大変な状況に感じました。どこかで盗聴をしているのか考えて観ることができました。千曲川に見守って頂けないと危険な目に遭ってしまうのではないかと考えられました。一華と宗介の関係が気になり、注目して観ていました。2人が良好な関係になっていくのか見どころであると思いました。宗介と奈々はしっかりとお付き合いをしているのか気になりました。

『探偵が早すぎる2』10話(最終回):6月16日放送

想いが通じ合った一華(広瀬アリス)と宗介(萩原利久)が結婚。千曲川(滝藤賢一)は秋菜(宮崎美子)から報酬を受け取り、海外へ旅立つことに。橋田(水野美紀)は、母親のように一華の幸せを願うのだった。結婚式を挙げた一華の前に、千曲川が現れる。千曲川と一華は、お互いに万感の思いで別れを告げる。一華は、宗介との新生活のために準備を進める。しかし帰宅途中の一華が工事現場を通りかかると、上から鉄パイプが落ちてくる!?まだ誰かが一華の命を狙っているようだった…。そんな中、一華と宗介の結婚披露パーティーが美津山家の別荘で開催される。その最中、一華は絶体絶命の危機に見舞われ――!?(引用元:公式サイト)

一華が結婚して幸せになるという結末が普通のドラマの終わり方になるんでしょうが別れてしまうというのがこのドラマらしいよなと感じました。別に結婚して終わりでも良かった筈なんですがそうしなかったのはシーズン3が確定しているのかそれとも可能性を残すためなのかなと深読みしました。とにかく最終回はところどころで別れを惜しむような発言をする場面が見られましたが最終的には足を引っかけて転ばしたりと悪ふざけを貫く姿勢が見られて嬉しかったです。続編が是非見たいドラマです。

ずーっと怪しいんじゃあないかなぁと思っていた宗介が、実は真犯人をあぶりだすために動いていたのが驚きでした。今回ちらっと秋菜が怪しい?と頭の中をかすめたのですが、まさかなぁと思っていたので、真実が分かった時は、お金持ちなのに一華のお金まで狙っていたとはとあきれてしまいました。人間の貪欲さには底がないんだなぁと怖くなりました。千曲川の奇抜なファッションセンスと一華との言い合いが楽しかったです。続編を期待しています。

結婚が決まってもなお一華が命を狙われ続けるスリリングなストーリー展開と、実は善人を装っていた依頼者の秋菜こそが全ての黒幕であったという、どんでん返しの効いたトリッキーな結末が、千曲川や橋田が繰り出すマニアックなギャグが随所に散りばめられたポップなドラマ空間とともにテンポよく綴られていて、スリルと可笑しさ、そして仄かな切なさが共存するこのドラマ独特の世界をこの最終話でも大いに堪能することができました。締め括りを飾るに相応しい、非常に見応えのあるエンターテインメント作品に仕上がっていたと思います。

まさか犯人が秋葉だったとは驚きました。しかも宗太を殺していたとは衝撃でした。それに気づいた宗介はきっともっとショックだったと思います。あの状況で橋田さんを助けようと飛び込む一華が、一華らしくてよかったです。やっぱり2人の関係は素敵でした。もう一華を守る必要がなくなった千曲川の、別れ際に言葉もまた素敵でした。いつものように憎まれ口を叩きながら、でも一華の幸せを願うところが最高でした。もうあの3人が観れないのが寂しいです。

第10話では、一華と宗介が結婚することになり、想いが通じ合ったことに安心することができました。2人が幸せに暮らしていくことができることに期待していきたいです。新生活を送っている中で、一華が誰かに狙われてしまっている様子が伝わってきて、危ない状況に感じられました。一華は、千曲川に守ってもらうことがないので大丈夫なのか心配になりました。一華には花嫁修行も頑張ってほしいと思いました。広瀬アリスさんの演技力が素晴らしく感じました。

探偵が早すぎる2|huluオリジナルストーリーのあらすじ

『探偵が早すぎる2』のお話しの内、hulu限定で放送されるストーリーが全3話で組まれています。そのあらすじと本編との繋がりを考察していきます。

『探偵が早すぎる2』6.5話:5月19日huluにて独占配信開始

「私も外で気分転換がしたくなった」と、橋田が宗介のバーを訪問。するとそこには、壮絶なケンカ後でグッタリしている千曲川と一華の姿が。どうやら旅立つ先が見つからない千曲川が一華の家に居候し続けているようで、我が物顔で居座る彼に一華のイラ立ちが大爆発。そんな中、とある場所を歩いている男の携帯電話にメッセージが。それを察知してか否か、千曲川の目は鋭くなり。 (引用元:MusicVoice)

『探偵が早すぎる2』9.5話:6月9日huluにて独占配信開始

人生の大きな決断をした一華。橋田に相談をするも・・いつもうるさいのに予想外の反応が。千曲川にも報告を。と言われ渋々シミュレーションしてみるが、全くシミュレーションできず・・。一方深刻な顔をした千曲川と宗介は、とある場所にいた。(引用元:hulu)

『探偵が早すぎる2』10.5話:6月16日huluにて独占配信開始

――数か月後。一華 (広瀬アリス) 橋田 (水野美紀) にもいつもと変わらない日常が戻ってきていた。とある場所で夕日を見つめる千曲川 (滝藤賢一) のスマホにメッセージが届いた。何やらまた事件の予感が…。真央 (新條由芽) に突如「今夜、付き合ってくれない?」と、呼び出され、不安になりながらも付き合う一華。落ち着いたのも束の間!? また事件に!? 最後にどんなトリック返しが待っているのか!?

探偵が早すぎる1|全話(1話〜最終話)までのあらすじ

『探偵が早すぎる1』も同じくhuluで一気に見放題で楽しむことができます。こちらの全話(1話〜最終話)までのあらすじを紹介します。

『探偵が早すぎる1』1話

井上真偽の小説をドラマ化。事件を未然に解決する探偵・千曲川(滝藤賢一)の活躍を描く。大学生の一華(広瀬アリス)は、父親の5兆円という遺産を突如相続することに。だが、一華は遺産を狙う父の親族“大陀羅一族”に命を狙われる。事態を重く見た家政婦・橋田(水野美紀)は、千曲川に一華を守るよう頼む。

『探偵が早すぎる1』2話

一華(広瀬アリス)は父の遺産相続を巡り、自分が大陀羅一族に命を狙われていると知る。橋田(水野美紀)や千曲川(滝藤賢一)は契約書にサインするよう勧めるが、一華は遺産を相続する権利を放棄したいと告げる。そんな中、千曲川は一華が通う病院で不穏な様子を察知し、一華を守るため動きだす。

『探偵が早すぎる1』3話

一華(広瀬アリス)が大学の図書館で勉強をしていると、上の階で爆発事故が発生。自分が狙われたのではと心配する一華に、橋田(水野美紀)は千曲川(滝藤賢一)がいるから心配はいらないと声を掛ける。一方、事故後の図書館の様子に違和感を抱いた千曲川は、爆発が起きた部屋を訪れあることに気付く。

『探偵が早すぎる1』4話

一華(広瀬アリス)は、休んでいた遊園地でのアルバイトを再開する。だが、遊園地は経営不振で閉園の危機に陥っていた。そんな中、蔵本という男性が遊園地を支援したいと名乗り出る。幼少期の思い出が残る特別な場所を守りたい一華は、千曲川(滝藤賢一)らと協力し遊園地の再建計画を立てる。

『探偵が早すぎる1』5話

一華(広瀬アリス)は、友人の未夏(南乃彩希)らを夏祭りに誘うが断られ、思いを寄せる同級生の城之内(佐藤寛太)と二人きりで行くことになる。急な展開に初めは緊張していたものの、徐々に二人で楽しく出店を見て回る。その頃、大陀羅壬流古(桐山漣)らは、ある計画のために動き始めていた。

『探偵が早すぎる1』6話

千曲川(滝藤賢一)の活躍により一華(広瀬アリス)の暗殺計画が次々と失敗に終わった大陀羅一族は、邪魔な存在である千曲川を排除しようと画策。朱鳥(片平なぎさ)らはその正体を調べ始める。一方、一華は恋心を抱いている同級生の城之内(佐藤寛太)が女性と一緒にいるところを目撃し、落胆する。

『探偵が早すぎる1』7話

一華(広瀬アリス)は思いを寄せる城之内(佐藤寛太)との一件以来、普段の調子を取り戻せずにいた。そんな中、千曲川(滝藤賢一)の傍若無人な態度にあきれた一華は、解雇を言い渡そうとする。見かねた橋田(水野美紀)は、千曲川の過去について語りだす。一方、亜謄陀(神保悟志)はある人物と接触していた。

『探偵が早すぎる1』8話

城之内(佐藤寛太)が病院から失踪し、行方不明となる。そんな中、一華(広瀬アリス)は城之内の妹を襲ったのは橋田(水野美紀)であり、亡くなった母・純華(新山千春)と橋田の間にも何かあったのではないかと疑い始める。純華の死の真相を突き止めるべく、一華は千曲川(滝藤賢一)抜きで単独調査を始める。

『探偵が早すぎる1』9話

一華(広瀬アリス)と橋田(水野美紀)は、父・瑛(玉置孝匡)の法要に大陀羅一族を招く。遺産引き渡しの日が迫り、一華の殺害を急ぐ大陀羅一族は、参列を承諾。2日間にわたる盛大な法要が行われることとなる。法要当日、千曲川(滝藤賢一)、一華、橋田の3人は、会場となる大陀羅一族の別荘へ向かう。

『探偵が早すぎる1』10話(最終話)

一華(広瀬アリス)は、大陀羅一族との直接対決を決意し、橋田(水野美紀)、千曲川(滝藤賢一)と共に大陀羅一族の別荘へ乗り込む。しかし、別荘で針のむしろとなった一華は逃げ惑い、一華をかばった橋田が犠牲となってしまう。そんな絶体絶命の状況の中、千曲川は一華を守り抜くため、最後の対決に臨む

huluで探偵が早すぎる1を視聴

ドラマ『探偵が早すぎる』の見逃し配信はhuluがおすすめ!

2022年4月14日に放送が開始される木曜ドラマ『探偵が早すぎる2』。深夜時間帯に痛快なコメディドラマを堪能したいところですが、こちらの番組を見逃してしまった方も大丈夫。動画配信サイトを活用してお家でゆっくりと鑑賞することができます。

今回ご紹介してきたhuluは日本テレビ系列の動画を主に取り扱っている配信サイトです。日本テレビといえばドラマのみならずバラエティにも強いテレビ局ですよね。「あのシーン、もう一度見たいな」なんて夢もすぐに叶います。

ドラマ『探偵が早すぎる2』の振り返り動画は、是非huluで楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です